『ドラマのオール(=すべて)』と、出演する芸能人の情報をお届けします。

ドラオル!

【ドラマ】サムのこと 女性アイドル

サムのこと第1話ネタバレ・あらすじ・感想まとめ【乃木坂46期間限定ドラマ】

更新日:

 

『サムのこと(乃木坂46・期間限定ドラマ)』の第1話ネタバレ・あらすじ・感想について、まとめてみました♪

西加奈子さんの原作小説を実写化したドラマを演じるのは、あの『乃木坂46』の4期生のみなさん。

事故で亡くなってしまった『サム』の死後、再開したアイドルグループの女の子たちの、繊細な心の揺らぎが見られるこのドラマ。

乃木坂46、4期生の初主演ドラマになりますので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

 

スポンサーリンク

サムのこと第1話ネタバレ!『アリのこと LGBTで悩む・・・』

『サムのこと』の第1話は、2020年3月20日(金曜)に、動画配信サービス『dTV』で独占配信が開始しました。

5人組の元アイドルグループ「宇田川ホワイトベアーズ」のセンターを務める主人公のサム(遠藤さくら)が『死んだ』ところから物語が始まります。

「サムはみんなのことを必死に聞いていたけれど、私たちはサムのことを一つも聞いてあげなかった」

そして、そのサムが死んでしまいます。

元メンバーが集まって、サムと一緒に活きた時代のことを、どう思い出し、どう記憶に変えていくのか。

そして、最後に、『サムからのメッセージ』がメンバーのスマホに入ります。

いったい『サムのこと』とは何だったのか?

ドラマのネタバレ

物語は、アリの一人語りと、電車に乗っているシーンから始まります。

黒い服。一緒に同じところに行く感覚。

5人組アイドルのメンバー解散したのは1年前。センターであるサムが脱退してしまったのです。

電車から降りたアリは、スミと出会い、また残りの二人と再会します。

サムが住んでいた町へ。

「サムならどこに住んでいても意外だ」と4人は話します。

サムが死んでしまったー。

サムはトラックに引かれて亡くなってしまったのです。。

サムだけは、名前のどこにもサムというフレーズが入っていないー。

そんな、サムの訃報を、4人は昨日の夜に聞きました。急なことだったので、喪服は喪服のていをなしていません。

初めての葬儀と、ご香典。

しかし、受付では、香典は受け取ってもらえませんでした。「お気持ちだけでー」と。

相変わらず、小宮山(マネージャー)はいてほしいときにいない。

そして、ホワイトベアーズの四人は、サムのご霊前に立ちます。

亡くなってしまった、サム。

喪主とご家族とご挨拶。

花の中にいるサムの生前の写真。

サムのお通夜はしんみりとしていて、他の人は帰ったあとだったからか。サムの人生の最後を飾るのには、少し寂しい気がした・・。

そして、「顔を見てやってください」と言われ、サムと対面する。

棺に入れてあげたいものーチョコを棺の中に入れたい。

でも4人の話は脱線。天国談義??天国ってなんだか怖いところか?

(ご霊前でなんちゅう話をしているんだ?)

そして、アポロチョコレートが棺に納められました。

精進落としをいただく4人。「なんだか、ごはんを食べにきたみたいね」。お酒と、キムはオレンジジュース(アルコール依存症のキム・・)。

サムのお兄さんがかっこいいとして、話が盛り上がります。

面食いのアリ、と3人から言われますが、実際はそんなことはなかったのですー。

ここで、3年前に場面が移ります。

ダンスレッスン中のホワイトベアーズ。

振付師(秋元真夏)から激が飛びます。

アリからの一人語りの告白が。

「女の人が好きだった・・」という衝撃の告白。

アリはLGBTだったのです。

撮影のシーンで、メンバーと触れ合っているときに、女の子が好きなアリは、かなり緊張してしまいます。

汗をかいた手、洗面所で洗って戻ると・・スミが体調を崩していました。

横になっているスミ。

そして、介抱しているアリは・・スミの手をぎゅっと握ってしまう。

人目を忍んで、さらに大胆になるアリ。恋人つなぎに変えます。

しかし、急に人の足音がして、戻ってきたのはーーサム。

サムは冷えピタを持って戻ってきたのだった。

スミってめっちゃきれいだよね、と突然いうサム。

そっけいない態度をするアリ。

ふいに、スミにキスをするサム。

アリは凍りついてしまいましたー。。

「サムもそうだったんだー」とアリは確信する。

そして、サムを呼び出すアリ。

「さっきのってーそういうこと?キスって?サムもそうなの?女の子が好きなの?」

アリは問いつめます。

言わなきゃダメ?とサム。

「できれば言ってほしいー」と訴えるアリ。

そこで、サムから帰ってきた言葉は、そっけないものでした。

「全然。LGBTっておしゃれでセンスある感じしない?」というサム。

ファッション感覚ってー。とアリは愕然とします。

誰にも言わないで、とアリはいうけど、いきなりサムはキスをしてきました。

「全然キュンキュンしないわー」となんでもない表情で言うサム・・・。

そして時は現在に戻りました。

「サムは変な子だったー」とアリは言います。

「寒い」のサムというあだ名。

今度hは四人は、土葬か火葬か、で盛り上がるがー。

サムのお兄さんが戻ってきて、衝撃の事実を口にしました。

「サムは事故にあったということだが、まだ警察が調査中なんです。チカ(サム)は自殺をしたんじゃないかと――」。

オレンジジュースがこぼれてしまいます。スローモーションで―――。

いったい、サムの死の真相はー。

原作のネタバレ

ここから先は、西加奈子さんの原作小説『サムのこと』のネタバレ予想をご紹介させていただきます。

『サムのこと』は、遠藤さくらさん演じる『サム』が交通事故で亡くなったお葬式に、霧雨が向かうところから物語が始まります。

アリ(早川聖来さん)、モモ(掛橋沙耶香さん)、キム(田村真佑さん)、スミ(金川紗耶さん)、キララ(筒井あやめさん)ら、

20代後半にもなるのに、フラフラと生きている彼女たちは、友人だったサムのお葬式に行き、お焼香などでも遊んだりして、

「おいコラ!」と言いたくなるような雰囲気を出しています。

サムは、友人たちのなかでは、一番のしっかり者でした。

会社員でしたし、友達をかまうのが好きで、説教も好き、ぐうたらな連中の間では、「だるいなー」と思われていました。

そんなサムが、交通事故で死んでしまったのです。

サムが亡くなって棺の中に入っているのに、「ちょっと目開いとるってー」なんて言う始末(普通にやってたら、親族からブチ食らわされますよ?)

お通夜が終わって、通夜ぶるまいの会食の場で、サムのお兄さんから、アリ(早川聖来さん)たちに、

「思い出話をしてくれませんか」と言われて、フラフラと生きていた友人連中は、過去の話を、少しずつ、たぐり寄せるように話していきます。

不器用に、でも確かめるように・・。

西加奈子さんの原作小説では、亡くなったサム(遠藤さくらさん)、アリ(早川聖来さん)は男の子。

この辺の配役の性別変更を、脚本でどういうふうにされるのか、が見どころになりますね。

西加奈子さんの原作小説であり、この作品を含む短編集がデビュー作にもなって、

『物語の切り取り方、言葉のチョイス、読者を引きつける展開力、どれをとっても新人離れしている』と評価されている作品ですから、

乃木坂46の4期生のみなさんの演技に期待です!

スポンサーリンク

サムのこと第1話あらすじ

死んだ元アイドルサム(遠藤さくら)と同じグループにいた元メンバーたち。

サムのお通夜の席で解散後久しぶりに会い思い出話に花が咲く。

しかし誰も本当のサムを知らなかった。

仲間を失った喪失感が希望へと変わる、 前へ進む勇気を与える物語。

乃木坂46 4期生出演ドラマ。

 

スポンサーリンク

サムのこと第1話の感想

『サムのこと』実写ドラマ版では、原作小説の骨格を生かしつつ、内容は若干の変化を加えられています。

「青春時代の葛藤とそれを乗り越えていく希望」をメインテーマにされていて、

物語は、アイドルグループの解散から、1年後にメンバーのサム(遠藤さくらさん)が事故死してしまい、

残ったメンバーが再び集合するところから始まります。

配役やメンバーの個性もかなりおもしろくなっていて、

  • サム(遠藤さくらさん)→自由奔放で、おせっかい
  • アリ(早川聖来さん)→LGBTを隠していた
  • キム(田村真佑さん)→アルコール依存症
  • モモ(掛橋沙耶香さん)→アイドルとして成功する妹に嫉妬
  • スミ(金川紗耶三)→オカルトマニアで借金あり

といった設定になっています。

驚いたのは、4期生のみなさんが、とても自然な演技をしていたということ。

アイドルグループの演技ということで、あまり期待はしていませんでしたが、非常に完成度が高かったように感じます。

とく、サムを演じた遠藤さくらさんの、個性的なサムの演じ方、「LGBTってなんかおしゃれじゃない?センスあるっていうか」というときの、ちょっといかれたような感じの表情がすごくよかったように思います。

乃木坂46の延長線上のアイドルグループを描いたドラマだったからかもしれませんが、非常にナチュラルな演技で、とてもよかったと思いますね。

次回が楽しみになってきました♪

『サムのこと』第1話に対しては、やはり、「おもしろかった!」という意見が多かったですね♪

『サムのこと』第2話以降に期待している声も多数。

最高のキャスティングに、素敵な原作、実力派の監督という組み合わせで、期待するなっていう方が無理でしょう(笑)

その一方で、『サムのこと』を不安に思っている声もありました。

動画配信サービス『dTV』でやるのは面白い試みではありますが・・・。

スポンサーリンク

サムのこと第1話~全話を無料で見る方法!

『dTV』の魅力♪

  1. 12万作品が見放題
  2. 月額500円でコスパ抜群
  3. 初回31日間無料(いつでも解約可能)

乃木坂46・4期生の初出演ドラマ『サムのこと』は、動画配信サービス『dTV』で独占配信されます。

『dTV』は、ドコモが配信しているサービスですが、ドコモを契約している人だけではなく、誰でも加入できます。

また、『サムのこと』は地上波やYouTube、パンドラといった他のチャンネルや動画サイトでは視聴することができませんので、注意してください。

初めて『dTV』を使うなら、31日間の無料体験が使えます♪

無料期間内に解約すれば、料金はまったくかからないので、お得です^^

『サムのこと』を『dTV』で視聴する方法について詳しく知りたい方は以下の記事をどうぞ。

▼関連記事▼

>>サムのことを無料動画サイトで見逃しせずに視聴する方法!【乃木坂46のドラマ】

 

スポンサーリンク

サムのこと・特別配信記念イベント!【速報】

※このイベントはコロナウイスの影響で、中止になりました。

『サムのこと』が見られる動画配信サービス『dTV』に加入された方限定で、

配信特別記念イベントに招待してもらえる権利がゲットできます!

キャストの乃木坂46の4期生メンバーに会える機会ですが、

『dTV』会員250組500名の限定イベントなので、

早めに『dTV』に入って申し込んでしまいましょう♪

以下は、配信特別記念イベントの詳細です。

◇開催日: 2020年3月17日(火)夕方
◇会場:都内某所(当選時に詳細をご連絡いたします)
◇登壇者
「サムのこと」出演者
遠藤さくら、早川聖来、田村真佑、掛橋沙耶香、金川紗耶、筒井あやめ、矢久保美緒 ほか

「猿に会う」出演者
賀喜遥香、清宮レイ、柴田柚菜、北川悠理 ほか
※登壇者は変更になる可能性がございます

※今後の社会情勢の変化を受け、主催者側の判断により、やむをえずイベントを中止する場合がございます。あらかじめご了承の上ご応募ください。

【応募対象者】
dTV会員の方
※抽選時(3月上旬予定)にdTV会員でない場合は「抽選対象外」となりますのでご注意ください。
【キャンペーン期間】
2月29日(土)23:59 まで

(引用:動画配信サービス『dTV』公式サイト)

スポンサーリンク

まとめ: サムのこと第1話ネタバレ・あらすじ・感想まとめ【乃木坂46期間限定ドラマ】

『サム』役の遠藤さくらさんです。

(画像引用元:http://nilcollection.net/)

この記事では、【乃木坂46期間限定ドラマ】サムのこと、第1話ネタバレ・あらすじ・感想についてまとめてみました。

乃木坂46の4期生の活躍が、ますます楽しみですね♪

※本作品の配信情報は2020年3月7日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

スポンサーリンク

-【ドラマ】サムのこと, 女性アイドル
-, , , , , ,

Copyright© ドラオル! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.