『ドラマのオール(=すべて)』と、出演する芸能人の情報をお届けします。

ドラオル!

【ドラマ】私たちはどうかしている 【マンガ】私たちはどうかしている

私たちはどうかしている12巻のネタバレ・あらすじ・感想!【61話~65話】

投稿日:

マンガ『私たちはどうかしている』第12巻のネタバレ・あらすじ・感想についてまとめてみました!

 

私たちはどうかしているの第12巻は2020年4月13日に発売しました。

 

光月庵の後継者は決まりますが、もちろん順調に進むことはなく、七桜には次々と困難がふりかかります。

 

椿もあるきっかけで七桜の妊娠を知ったり、多喜川と女将についても新たな展開が生まれたり、新たに栞の姉由香莉が七桜に近づいたり……今回も波乱だらけです。

 

早速ネタバレを見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

私たちはどうかしている12巻のネタバレ!【61話~65話】

大旦那が開けた襖の奥にいたのは七桜で、光月庵の後継者は七桜に決まりました。

 

女将は椿が作ったものだと思い、七桜の御菓子を選んでいたのです。

 

女将は“あの女に勝つって約束したから、信じて任せたのよ”“なんのために産んだと思ってるの”と椿に詰め寄ります。

 

それを止めようと大旦那は仲裁に入りますが、発作が起きて倒れてしまい、病院に搬送されてしまいます。

 

七桜、椿、女将も病院に移動し、そこには多喜川の姿もありました。

 

緊迫した状況で一同が病室の外で待つ中、椿が大旦那に呼ばれました。

 

大旦那は“つばき餅に魂をふるわされた、自分だけに向けられた御菓子だった”“いままですまなかった”と声を振り絞って椿に伝えます。

 

最後に“これからはおまえだけの菓子を作るんだ、なににも縛られず、自分のために好きに、自由に……”と言いかけて息を引き取ってしまいました。

 

椿は涙を流し、その姿を七桜は病室の外で切なそうに見つめていました。

 

***

大旦那の葬儀の日、椿の姿はなく、七桜と多喜川が現れました。

 

すると女将は“関係者だけの式に何しに来たの”と止めようとしますが、“騒ぎ立てないほうが賢明ですよ”という多喜川に言われ、引き下がりました。

 

“あの子が正式な後継者よ”と周囲が話し始め、 “椿はどこにいるの、椿の焼香が先よ”と焦り始めた女将の前に、椿が現れました。

 

ただ、椿は親族が着るべき着物ではなく略礼服を着ていました。

 

慌てる女将でしたが、椿は焼香を済ませ、来席者に一礼し何も発することなくその場を去りました。

 

山口と城島が止めようと追いかけますが、椿は“山口さんにはいつも助けられました、感謝しています”“自分のものは処分してください”と話すだけでした。

 

そして椿は待ち構えていた七桜にも会います。

 

椿は、

「やっと自分のものを取り戻せた、よかったな」「ひとつ頼みがある、光月庵を絶対つぶさないでくれ」

(引用:『私たちはどうかしている』12巻)

とだけ伝え、立ち去りました。

 

七桜は何も言わず、椿が立ち去った後に涙を流しますが、“ずっとほしかったものを手に入れたんだから泣く権利はない”“なにがあってもかならず光月庵を守り抜く”と決意を固めました。

 

一方で多喜川には栞の姉が近づき、“目的を果たすことができて、おめでとう”と声をかけられていました。

 

***

七桜は早速城島に手伝いを頼み、荷物を光月庵に運んでいました。

 

城島は“七桜さんにはここに戻ってきてほしくなかった”と言いますが、何も反応しない七桜を見て“独り言です”と誤魔化して出ていきました。

 

残された七桜は、以前花がすみまできて止めてくれた城島を思い出し、申し訳ない気持ちを持ちつつも、“自分にはやらなきゃならないことがある、自分の背負った宿命だから”と思うのでした。

 

七桜は従業員たちに挨拶を済ませ、厨房の手伝いをしようと動きますが、山口から“厨房はルーティーンが決まっているから、任せてもらいたい”と言われてしまいます。

 

今度は店頭の手伝いに向かいますが、従業員に上生菓子の配置について聞かれすぐ答えられず、“椿さんならすぐ答えてくれた”とぼやかれてしまいます。

 

“こないだまでただの職人だったのに”と中々受け入れてもらえられず、七桜は“自分はよそ者ってだけでなく、椿を追い出した人間なんだ”と自分の立場を改めて認識し、覚悟を強くするのでした。

 

その日の夜、誰もいない厨房で七桜は母親の考えた桜の羊羹を作っていました。

 

桜色を作るために赤い着色料を試してみますが、トラウマは抜けておらず、気分が悪くなりしゃがみ込んでしまいます。

 

そこに女将が現れ“体調が優れないなら早く休んだほうがいいわ”“これから力を合わせて店を守っていかなきゃ”と七桜の手をとりました。

 

七桜は“離してください”“旦那を殺したのは自分だと、無実の母に罪を着せたんだと全部話して罪を償ってください”と女将を拒絶しました。

 

すると女将は“かわいそうな椿、行くところもなく追い出されてボロボロになってるわ”“あなたは暖かいお屋敷で休んで”と七桜に嫌味を言い、出ていきました。

 

残された七桜は“きっとどこかで、椿はこの店の呪いから解き放たれて、もう一度御菓子を作るために、目の治療を進めているはずだ”と椿を想うのでした。

 

***

ある日、身に覚えのない来客があり、七桜は客間に向かいました。

 

そこには栞の姉、長谷由香莉がいました。

 

由香莉は長谷屋の亭主になり、長谷屋で行われる“武六会”の招待状を渡すために訪れていました。

 

武六会が加賀の伝統を守る象徴のような存在で、6店だけが属することを認められている会ということは七桜も認識していました。

 

同席している従業員から、会に出ることができるのは跡を継いだ者だけで椿も参加したことはない、当主として最初の重要な仕事なのだと七桜は告げられました。

 

続けて武六会はその一員としてふさわしい店かどうか、品位、功績、貢献などの面で毎年審査し合っていて、もし外されてしまうと店の終わりにも繋がるのだと説明を受けると、“自分のふるまいで店の存続が決まってしまう……”と七桜の表情は強張りました。

 

武六会当日、部屋に入った七桜は、今まで感じたことのない厳かで冷たい場の空気に飲まれ、体が固まってしまいました。

 

しかし武六会の一員である、多喜川が現れると緊張が解け、七桜は挨拶を済ませられました。

 

しかし七桜は挨拶の中で自分のことを“若輩者”と言ってしまい、謙遜の言葉になっていない、そんなことも分からないのかと指摘され、光月庵は大丈夫なのかと他の参加者たちに疑念を持たれてしまいます。

 

更には愛人の子であることも触れられ、窮地に追い込まれた七桜でしたが、くしゃみをした多喜川のおかげで話は反れました。

 

しかし、標的は多喜川に移り、“道楽で和菓子屋をやっていて、家をないがしろにしていると噂だ”“お父さまはあんなに立派だったのに”と言われてしまいます。

 

多喜川が笑ってその場を誤魔化そうとしますが、七桜は“すみません、自分の勉強不足なので精進いたします”と話を遮りました。

 

すると参加者の一人である、芥田が“その辺にしたらどうか、亡くなった大旦那にも失礼ですよ”と宥めました。

 

そして芥田は“2月末日にある奉納の儀に献上する菓子を、代々当主が受け継ぐ道具を使って七桜に作ってほしい、そこで評価を決めたい”と話すのです。

 

芥田は続けて、武六会には毎年店の命である道具を神社で清める儀式があり、そこに供える菓子を光月庵の跡継ぎは代々作っている、椿の父の樹も道具を使って月と桜の美しい落雁を作った、と話します。

 

芥田に作れるか問われた七桜は“かならず納得のいく御菓子を作ります”と頭を下げました。

 

帰り道、多喜川は“みんななにかを守って生きてきたから、新しいものには身構えてしまうんだ”“波風立てずに笑って合わせておいたほうがいいんだよ”と話します。

 

それを受けた七桜は“あの人たちは多喜川さんの全部を知ってるわけじゃないのに、好き勝手言われていいんですか、私は絶対嫌です”“好きなこと苦手なこと、そんなときに怒るのか……本当の多喜川さんを知りたいです”と返します。

 

そこに“こんなところで喧嘩していたら噂を流されるわよ”“「薫さん」のそんな怖い顔初めて見るもの” と由香莉が現れました。

 

多喜川のことを薫さんと呼ぶことに疑問を持つ七桜に対し、更に由香莉は“ねえ知ってる?薫さんてね――”と続けようとしましたが、強張った表情で由香莉の名を呼ぶ多喜川に制止されました。

 

“そんなに嫌だった?自分の名前が女みたいで恥ずかしいと思ってることを話すの”と由香莉に言われると、 “それはそうだよ”といつものように笑いながら話を終え、七桜に“また光月庵にも寄るよ”と言い立ち去っていきました。

 

七桜が“前から知り合いなんですか?”と尋ねると、由香莉は“家同士が古い付き合いなの”と言い、“私も戻らなきゃ”と帰っていきました。

 

残された七桜は、まなざしがだれかに似てるなと、強張った表情の多喜川を思い出していました。

 

***

七桜は早速店に戻り、御菓子の道具を取りに行きます。

 

しかし、引き出しを開けると中にあるはずの道具は無く、蝶の死骸が残されていました。

 

今後の流れを予測した女将が、七桜を妨害しようと、道具を持っていってしまったのです。

 

七桜は慌てて女将の部屋に行きますが、女将の荷物は全て無くなっていました。

 

自分が当主になったことで不安を抱えている従業員に気付かれるわけにはいかず、七桜は一人で聞き込みを始めますが、女将の行きそうな場所に見当もつかず苦戦します。

 

様子がおかしいと思った栞は七桜を追い声をかけますが、“大丈夫”と七桜ははぐらかして去ろうとします。

 

栞は七桜を止めようと手を握りますが、その冷たさに異変を確信した栞は更に“話してください、店は七桜さんだけのものじゃないんです”と強く言いました。

 

七桜は椿から言われた

「光月庵を絶対につぶさないでくれ」

(引用:『私たちはどうかしている』12巻)

という言葉を思い出し、栞を頼ることにしました。

 

栞は長谷屋にいた時に集めた料亭や宿の連絡先を引っ張り出し、七桜も一緒になって、一カ所ずつ女将が立ち寄っていないか連絡をとっていきます。

 

全部に連絡を終え、返答待ちになったところで、“なにも食べてないですよね”と栞が七桜に栗まんじゅうを差し出しました。

 

二人で談笑しながら御菓子を食べていると、七桜の不安も和らいだのか、“栞さん、今日はありがとう”“あのまま突っ走っていたら取り返しのつかないことになっていたかも”と言いました。

 

それに対して栞も照れながら “不思議ですね、光月庵で一緒に御菓子を食べてるなんて”と話しました。

 

そして栞は聞きたいことがあると言い、“多喜川さんと付き合っているんですか?”と七桜に問いかけます。

 

驚く七桜に、“姉(由香莉)のことが気になって……”と栞は話し始めます。

 

10年くらい前多喜川と姉は付き合っていたようだが、姉が一方的に好意を持っていたようですぐダメになってしまったこと、姉の連絡を無視したり、心ない態度をとっていたため、栞が多喜川にあまりいい印象を持っていないことを七桜に伝えました。

 

そして栞は最後に“姉には気を付けてください”と七桜に告げました。

 

七桜は自分を幾度となく助けてくれた多喜川の優しさを思い浮かべ、信じて向き合おうと、多喜川を想うのでした。

 

 

***

その頃、椿は石川県の志賀町で夕子に出会っていました。

 

椿が禁煙の店で喫煙をした客に注意し、殴られてしまったところを、偶然同じお店にいた夕子が助けたのです。

 

椿と夕子はお互いの近況を話しつつ、話題は七桜のことになりました。

 

夕子が“私が七桜さんの母親じゃないってこと、知っているんだろ?”と言うと、椿は“光月庵を奪うために頼まれたんですよね”と返し、夕子はそれを否定します。

 

しかし椿は続けて“違うなんてなぜわかるんですか、現に七桜はあの火事の中姿を消した……”と続けようとしますが、夕子に“違う”と強く遮られました。

 

そして夕子は七桜の妊娠について椿に告げました。

 

夕子が初期だったうちに火事で子供を亡くしてしまったこと、七桜が自分を責めて辛そうだったことを話すと、椿は“どうしてそんな大事なことなのに何も言わないんだ”と拳を握りました。

 

その様子を見た夕子は“ごめんよ、あんたには絶対言うなって約束だったんだ”“よりを戻すことはできないの?”と問いかけます。

 

椿は“俺たちは偽りの夫婦でしかなかったんですよ、出会ってからずっと傷つけ合ってばかりだ”と話すだけでした。

 

一方多喜川は女将の居場所を掴んでいましたが、“七桜ちゃんもすぐに見つけるかな”と自ら教える様子はありませんでした。

 

***

女将の情報が中々来ないことに焦る七桜でしたが、山口からの話で更に追い込まれてしまいます。

 

光月庵の将来に不安を感じ、職人が2人辞めると言い出しているというのです。

 

不安に思いつつも、自分が厨房に入ればなんとかなる、と七桜は必死に自分を言い聞かせていました。

 

そんな時、栞から“女将さんを見たって連絡きました、「いをり」さんに昨晩泊まったそうです”と話を受け、すぐに2人は宿に向かいました。

 

しかし、既に宿はチェックアウト済みだったため、2人が周辺を探していると、神社に向かう女将の姿を見つけました。

 

急いで追いかけると、女将はちょうど道具を燃やそうと準備しているところでした。

 

七桜たちの姿に気付くと、女将は“一緒に焚き火をしない?”と声を掛けます。

 

そして“3年前この道具も燃えるべきだったのよ”“血のつながっていない椿が当主になれば、大旦那へのなによりの復讐になったのに”と憎しみを露わにして、火をつけました。

 

七桜は自分の羽織を使って火を押さえ込み、なんとか道具を守りました。

 

道具が手元に戻り安心した七桜は一瞬気を失ってしまいますが、何者かが身体を支えてくれました。

 

なんとその人物は椿で、驚いた七桜は“どうしてここに……”と言いますが、椿は何も言わず、会えば傷つくのにどうして戻ってしまうのか、と考えるだけでした。

 

一方女将の前には多喜川がいました。

 

“光月庵の女将だった人がみじめなものですね”“なぜ父はあなたみたいな人に夢中になったのか”と多喜川は女将に言いました。

 

多喜川は“父親を奪われた家族がどういう末路を迎えるか想像してみたことはありますか?”“あなたのその姿を見るのがずっと夢だった”と続けますが、“実際その状況になっても気分はちっとも晴れない”と複雑な様子でした。

 

すると女将は“意地悪しないで、お父さまはとっても優しくしてくれたわ”“光月庵がダメなら、多喜川家に椿を継がせようか”と言うのです。

 

動揺する多喜川に女将が、

「だってそうでしょう、椿は多喜川家の血を継いでいるんだから、不出来なお兄さんよりふさわしいと思わない?弟の方が―――」

(引用:『私たちはどうかしている』12巻)

という衝撃的な展開で次巻に続きます。

 

スポンサーリンク

私たちはどうかしている12巻のあらすじ

除夜際での七桜と椿の勝負に決着がつき、ついに光月庵の後継者が決まった。だがその直後、大旦那は倒れて病院に運ばれてしまう。新旧の交代が行われ不安に感じる従業員ら。さらに新当主は金沢の文化をけん引する武六会にその実力を試されることになる。そんな中、一層強く七桜に惹かれる多喜川は徐々に自分の気持ちを抑えられなくなるが、かつての恋人・由香莉が現れて不穏なムードに。ある重大な真実を知った椿も動き出し事態は急変!?

(引用:Amazon)

 

スポンサーリンク

私たちはどうかしている12巻の感想

光月庵の後継者問題に決着がつき、念願叶った七桜でしたが、中々厳しい展開が多かったですね。

 

一筋縄ではいかないだろうなとは思っていましたが、想像以上でした……。

 

特に武六会と由香莉は厄介そうですね。

 

ただ、武六会は御菓子が認めてもらえさえすれば、今後嫌がらせ等をしてくる可能性はあまりないのかなと予想してます。

 

無事御菓子の道具は守れたので、うまくいくと良いなあとは思っていますが、絶対何か起こるんでしょうね……。

 

由香莉は意図が全く読めないですが、強敵になりそうな雰囲気ありますね。

 

多喜川が由香莉に口止めしたいことは、2人が付き合っていたことなのか、それ以外にもあるのか、とても気になります。

 

付き合っていたことは、栞が近くにいるからいつかは気付かれるだろうと、勘の鋭い多喜川の予想の範疇だと思うので、きっと何か別のことだと予想しています。

 

まだ七桜に仕掛けてくるのか、多喜川に仕掛けてくるのか、全く由香莉の動きが見えないので今後に注目ですね。

 

何より驚いたのは女将と多喜川家の関係でしたね。

 

まさか多喜川の父との子供が椿だとは、ちょっと想像以上でした。

 

「多喜川のまなざしが誰かに似てる」って言葉もあったので、七桜は遠からず気付いてしまいそうな気はしますね。

 

そして自分の子供を道具のようにしか見ていない女将に絶句でした。

 

前巻で椿を信じて七桜との勝負を妨害しなかったので、女将も少しは改心したのかと思ったら、全く変わってなかったですね。

 

むしろ更に性根曲がった気さえします(笑)

 

多喜川家の後継ぐなんて、絶対椿は断ると思っているので心配はしていないですが……。

 

ただ、今回を経て、多喜川が復讐のために七桜に近付いたような疑惑も出てきて……多喜川も少しずつ信じられなくなってきて怖いです。

 

タイミングよくあの神社に多喜川がいたのも、そもそも七桜は相談していないのに女将の失踪を多喜川が知っていたのも謎なんですよね。

 

折角七桜の味方ができたと思っていたのに、全て油断させるための嘘だったら七桜の心も読者の心もズタズタです(笑)

 

でも、椿があの場所に助けに来たのは多喜川が知らせたからなのかな、とも予想してます。

 

多喜川を買いかぶりすぎですかね?(笑)

 

次巻を読むのが楽しみなような、怖いような、複雑な心境になった12巻でした(笑)

 

スポンサーリンク

まとめ

12巻のネタバレ、いかがでしたか?

 

また、誰を信じるべきなのか分からなくなってきましたね……。

 

前巻が割と前向きな話が多かっただけに、落差がすごいです……(笑)

 

ただ、全てを知ったうえで椿が自ら七桜に近付いたので、今度こそ2人が本当に仲を深められるのでは、と期待も持てるラストだったので次巻に注目ですね!

 

また13巻のネタバレでお会いしましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

◎『私たちはどうかしている』の全話ネタバレまとめ!

>>『私たちはどうかしている(ドラマ)』1話~最終話までのネタバレ・あらすじ・感想まとめ!

◎『私たちはどうかしている』の無料動画を視聴するための記事はコチラ!

>>『私たちはどうかしている』の見逃し動画を無料で1話~全話視聴できるサイトまとめ!

スポンサーリンク

-【ドラマ】私たちはどうかしている, 【マンガ】私たちはどうかしている
-, , , ,

Copyright© ドラオル! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.