『ドラマのオール(=すべて)』と、出演する芸能人の情報をお届けします。

ドラオル!

【ドラマ】野ブタをプロデュース

野ブタをプロデュース第6話ネタバレ・あらすじ・感想まとめ!キーホルダーと彰の思いが発覚!

投稿日:

(画像引用元:Amazon)

ドラマ『野ブタ。をプロデュース』第6話のネタバレ・あらすじ・感想について、まとめてみました♪

2005年11月19日に放送され、17.7%の視聴率を上げた第6話。

信子が作った野ブタキーホルダーを売って、人気者にすると同時にお金稼ぎを企む修二。

彰は『野ブタをプロデュース』することの複雑さで悩んで、父親・庄一ともケンカし、とうとうラストで自分の思いを修二に伝えてしまいます。

『野ブタをプロデュース』はどういう方向になってしまうのか?

暗雲立ち込めてきた第6話の詳細を、さっそく見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 野ブタをプロデュース第6話のネタバレ!

浩二が父・悟に、将来なりたかったものはあるか?と聞くと、「友情に熱い男にありたかった」と答える悟。

そんなの普通だよという浩二に、友達がスーツケースをやってくる、その中にバラバラ死体。わけあって殺してしまったので、悟を頼ってやってきたそいつに、最後までちゃんとは安納話を聞いてやる、それが本当の友情。

警察に行かないの、という浩二に、そんなのはあと、と言い切ってしまいます。

そんなとき・・・桐谷家を頼ってやってきた、びしょ濡れの彰。なんとその手にはスーツケース。

「やべえよ・・」という彰は話を聞いてくれる?と修二に聞き、おもむろにスーツケースを開けると、中にはお泊りセットが。

「家出をしてきました!」という彰は圧倒的に自分のペースにしてしまいます。

そして、野ブタのアップリケを電球につけて、修二のベッドで寝ようとする彰。

家出の理由は・・・彰の下宿先に来たこと。いきなり会社を継げと言われて大ゲンカになってしまったこと。

「修二とか、野ブタとか毎日・・・。」声が聞こえなくなって彰を見ると、もう寝息を立てていました。

そして二人は寝ることに・・・。

**
翌日、彰はいつまで修二の家にいるのかわからないといいます。

俺たちはこんな退屈なおっさん連中になるのかな?と修二は問い・・。

そして学校には進路提出の紙が回ってきました。他のクラスメートはスポーツ推薦や英文科での進学を考えており、「みんなけっこうマジに考えているじゃん」と焦り気味の修二。

屋上で紙飛行機を折っている彰に、進路のことを聞きますが・・それ以外にやること、野ブタを人気者にすることがあると答える彰。

しかしそれも前途多難・・・・嫌がらせが悪化することを懸念します。

それに、修二はこっちからウワサを流して、やられっぱなしはつまらない、と宣言。

進路希望の紙で折った紙飛行機を飛ばして、俺たちはここから、この空を見られるのはほんの少しなんだから・・と思う修二。

**
バイバイセコーといって帰る修二に、クラスの女子たちが野ブタのお守りを可愛いといってきたことで、修二はひらめきます。

「小谷が作ったんだよね、これ」とクラス中に言います。

そこでクラスメートたちが取り囲み、作ってくれるように頼みます。

修二は新しい作戦、野ブタのキーホルダーを作って、信子がこんなものを作れるんだ、という意外性を見せて、もっと野ブタの名前を知らしめる、と考えます。

信子はタダで配れば、と言いますが、お金を払うことでもっとありがたみが増す、そして費用を彰にもってもらうように頼みますが、ケンカをしているからお金はないと答えます。

そして・・彰の下宿先にやった3人は、彰と親父の喧嘩の跡を見てびっくりしますが、ぶつぶつ言いながら野ブタのキーホルダーを作り始めます。

1つできたところで信子が「野ブタパワー、注入」と言ってキーホルダーにパワーを注入すると、彰が「マジ野ブタパワーすげーんだから」とあとづけ。

それを聞いて、ひらめく修二。これを持っていると願いことが叶うという噂を流そう・・。

**
翌日。

野ブタのキーホルダーは爆発的に流行ろうとしていました。修二は裏で動き、野ブタのお守り手に入れた子の願いが叶うように工作します。

クラスメート同士が付き合うように仕向け、クワガタが欲しい人に届け、さらに大々的に野ブタキーホルダーを売りさばこうとします。

修二はまり子と昼の弁当を食べているときに、信子たちの話題が出ます。

そこで、修二は野ブタキーホルダーのこと、アイデアを出していること、儲かったことをあることなことを話します。

信子の周りには、たくさんの人がキーホルダーを求めにやってきて、かすみの信子から買おうとしますが、かすみ用に特別に作ったキーホルダーを渡し、お金も受け取らないこと、友達だからと伝えました。

そして、代わりにお土産をもらった信子は、彰にすぐにそれを伝えに行きます。

「と、と、、、友達ができた」
「アミーゴ?」

そういってぎこちなく微笑んだ信子は、彰と一緒にたいやきを食べます。

頭の方が好きだ、幸せなく気分になる、と彰は言います。たい焼きをもらったことを彰は聞き、そしてどんどんみんなのものになっていくようで寂しい、とつぶやきます。

私は全然変わってないと思うけど、という信子ですが、キーホルダーを欲しがっている子がいると呼ばれていってしまいます。

引き留めようとする彰ですが、信子は行ってしまいました。

「プロデュースをするってことは、みんなのものになるってことか・・ってそれじゃ、俺、救われねえだっちゃ・・」

**
その夜。

一台の車が一平の豆腐屋にやってきて、彰の父・庄一が降りてきました。

野ブタキーホルダーを二人はなぜか作りながら、ぶつくさ文句を言います。豆腐と同じ値段だという一平。

庄一は、自分が何かイライラしていることを訴え、ずっと一緒にやってきたやつをリストラさせなくちゃいけない、その仕事を息子に継がせなくちゃいけないこと、みんなに納得させなくてはいけないと言います。

そこに帰ってくる彰。会社を継ぐ・継がないことでまた口論が始まりますが・・・。

とうとう始まる大乱闘。巻き込まれる一平。彰がプロレス技をかけ、一平の部屋はぐちゃぐちゃに・・。

庄一は、すぐに結論を出さなくていい、でも覚悟を決めろと言いますが、俺はまだ17、何十年も続く人生、なんでももう決めなくちゃいけないんだよ・・とつぶやきます。

**
その頃、桐谷家では、修二が10万円もキーホルダーが売れたことを喜んでいました。

驚く悟と浩二。もらっていいかと聞く浩二に、やるけど宣伝もしとけよという修二。

そんな修二を、悟はサラリーマンに向いていると言います。

**
翌日。

修二の担任・横山が、売れなかった詩集の在庫について問い詰められていました。

捨てようと思ったけど捨てられなかったこと、そして読み上げられてしまいます・・。

とうとう燃やしにかかる横山ですが、ある男性に全然今は詩を書いていないことを告げます。

生活のことをとってしまったことは後悔していないこと、教師が楽しいこと。

そして、ひょんなことから詩集を置いてもらえることに。

**
そして、とうとう野ブタキーホルダーの売り上げが大変なことになっていました。

そこにキャサリンがやってきて、話題のキーホルダーを求めにやってきました。

100円玉のどっちが表か裏かという話題を出し、お金には裏があることをよく覚えとけと注意をして去っていきました。

**
翌日。

登校してきた信子に、偽物が売られていることをかすみが伝えてきます。

他の学校のやつが売っていたことがわかり、売り上げが下がってしまったことを彰が言います。

修二は怒りを隠せませんが、信子はもういいんじゃないかな、喜んでもらえたし答えますが・・。

修二と彰はだまっていられず、今まで稼いだお金でバージョンアップさせようと憤ります。

その夜、一平から、庄一が会社を継ぎたくなくて彰と妻で一平の家にやってきたこと、お金がないからずっと豆腐ばっか食べていたこと、でも生活ができなくて会社に戻ったことを聞かされます。

「俺、金に負けちゃったよ・・」

そうつぶやく庄一。

**
翌日。

信子は新しいキーホルダーの案を提案し、すぐに制作にこぎつけました。

かなりバージョンアップしたキーホルダーで、売り上げ目標50万円をかかげますが、売れ行きは低下気味・・・。

修二がニューバージョンのことを宣伝しますが、もうあまり見向きもされない様子・・。

修二はイライラし、なんで売れないのかなと言って出ていってしまいます・・・。

飽きられちゃったんだからしょうがないじゃんという彰。廊下でボロボロに捨てられている前のキーホルダー。

まり子は売れていないことを心配して修二に買うよ、といいますが、冷たく当たってしまいます。

修二は「俺余裕ない、俺かっこわるい、一生懸命やるんじゃなかった、ほどほどにしておけばよかった、まり子にもあんな姿見せなくてすんだ」とこぼします。

そんな修二に、一生懸命やることは悪くない、だれかの力になれたかもしれない、と信子は言います。

「結果って、1万円売れたとか、1000個売れたとか、そういうこと?」と聞く信子に、「そんな気休めみてーなもんいらねーから」と冷たく言う修二。

そんな二人のもとに彰がやっていて、ニューバージョンの野ブタキーホルダーがペンキでぐちゃぐちゃにされてしまったことを伝えに来ます。

どうしてこんなことすんのか、俺にはわかんない、という彰。

しかし、信子は「かけてもらってよかったのかもしれない。次に行けるから。私たち、次にいかなきゃ・・」と答えました。

**
その夜。

帰ってきた彰に、庄一は会社を継ぐことは好きにしていいと言います。

驚く彰に、金庫を開けてみせ、「100円玉は100円玉同士、1万円のところには入れない。つまんない。こんな世界つまんねーよな。お前は、道端に落ちている10円玉でいろ。」という庄一。

彰は複雑そうな表情でした。

**
自転車をこいで登校する修二。歩いて行く信子。

ふと信子は、公園の隅で何かに気が付き、土が掘り返されて何かが埋められていることに気が付きます。

学校についた修二に信子がやってきて、「二人とも、来て」と公園に引っ張っていきます。

ここ掘って・・という信子に、彰が堀りかえして見つけたのは、だれかの宝箱・・中に入っていたものは、懐かしいおもちゃの数々と・・野ブタキーホルダー。

「私たちの作ったものが、だれかの宝物になったんだよ。誰かの心の中に残ったんだよ。それでよかったと思う」

信子の言葉に、何かを思う修二。

野ブタのいうとおりだ、次にいかなきゃ、だ。キーホルダーを燃やす3人。

たい焼きを庄一と食べたことを思い出し、俺の宝はお前だと言われたこと・・・。

たい焼きは彰にとって特別な食べ物に。

**
担任・横山の詩集がゴーヨク堂で売られて、ちょっとした横山ブームに。

書いた本人はどこで笑われているのかわからないけど、喜んでもらえたからいいや、という横山。

修二は進路は一週間では決められなかった。

生徒たちの進路希望の紙のなかに・・・。

彰、道端の10円玉になる。
信子、笑って生きる。
修二、ちゃんとした人間になる。

と見つけて、まじめなのか不真面目なのか、そういってほほ笑む横山。

**
修二は思う。この人たちも、悔しく、楽しく、そんな思いを感じながら、だれかのために働いているのかもしれない・・・。

そんな修二に、彰は野ブタのプロデュースをやめたい、苦しすぎるからと伝えます。

「野ブタがみんなのものになるのが苦しい・・・。野ブタを俺だけのものにしたい。本当は誰かにみられるのだけでも嫌なんだよ」

人の心の中は、俺の想像をはるかに超えている・・・。

「ちょっと待てよ・・・」

そういって修二は、彰のあとを走って追いかけました・・。

 

スポンサーリンク

 野ブタをプロデュース第6話のあらすじ

第6話 野ブタ。をプロデュース「親と子の青春」

放送日:2005年11月19日 日本テレビ

彰(山下智久)は、父親から家に戻るように言われる。反発した彰は下宿を飛び出し、修二(亀梨和也)の家に転がり込む。一方、修二らが遊びで作った“野ブタ人形”がクラスで大ウケ。修二たちは、キャラクターグッズを使った信子(堀北真希)のイメージアップを思いつく。新たに製作したキーホルダーが好評で、3人は思わぬ大金を手にする。

(引用:『ザ テレビジョン』

 

スポンサーリンク

 野ブタをプロデュース第6話の感想

『野ブタをプロデュース』第6話を見た世間の感想は、

 

スポンサーリンク

野ブタをプロデュースの動画を無料視聴できるサービスは?

『野ブタをプロデュース』は、

  • 「Hulu(フールー)」

で、第1話から最新話までフル動画の視聴が配信予定です!

「Hulu(フールー)」は月額933円(税抜)のVOD配信サービスです。

『日テレ(日本テレビ)系』の国内・外のドラマ、韓国ドラマ、国内外の映画、アニメ、お笑い番組、ノンフィクションなど、

すべての動画が見放題♪

他の動画配信サービスでは、最新作は別料金が発生しますが、「Hulu(フールー)」ではすべて見放題!

超高画質なHD映像で、さらに音もキレイ! 最大6つのデバイスで使えるので、家族みんなで楽しめます♪

初回は2週間完全無料!2週間以内に解約すれば一切料金はかかりません!!

『野ブタをプロデュース』を『Hulu(フールー)』で無料視聴する方法については、下記の記事をご覧になってください。

▼関連記事▼

>>『野ブタをプロデュース』の見逃し動画を無料で1話~全話視聴できるサイトまとめ!

 

スポンサーリンク

まとめ

『野ブタをプロデュース』第6話、楽しめましたね!

次の第7話も見逃せません♪

スポンサーリンク

-【ドラマ】野ブタをプロデュース
-, , , ,

Copyright© ドラオル! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.