『ドラマのオール(=すべて)』と、出演する芸能人の情報をお届けします。

ドラオル!

【ドラマ】サイレント・ヴォイス

サイレントヴォイスの6話ネタバレ・あらすじ・感想まとめ!森口瑤子・池上紗理依の泥沼劇がヤバい!

投稿日:

『サイレントヴォイス 行動心理捜査官・楯岡 絵麻』第6話のネタバレ・あらすじ・感想についてまとめてみました♪

 

2018年10月〜放送していた人気ミステリー小説シリーズの実写で話題のドラマ『サイレント・ヴォイス』。

 

シリーズ1期は大人気作となり、2020年春にはシリーズ2期の放送が予定されています!

 

第6話「名優は誰だ」では、人があまりに強いショックやストレスを受けた時にそのストレスから逃げるため一時的に記憶が欠けてしまう症状が現れる「短期記憶障害」について取り上げられています。

 

プレイボーイとして知られ有名だった俳優・内嶋貴弘が都内の公園で何者かに殺されていた事件で、内嶋と不倫疑惑が報道されていた女優・木戸真理が捜査線上に浮上し取り調べをする絵麻。

 

真理は事件直前に言い争っている姿を目撃されており、マイクロジェスチャーによる情報からも犯人は真理で間違いないと思われたその時、内嶋の妻で大女優の紗栄子が自分が殺したと自首してきたため事態は複雑に・・・。

 

目撃者の証言によると「腕時計をした女」が犯人とされていますが、真理は同じ時計を所持しているものの内嶋と会った時には身に付けておらず、紗栄子は犯行に及んだ間の記憶を覚えていないと話し短期記憶障害の疑いがあり、なかなか真実が見えてきません。

 

真理と紗栄子の関係は?紗栄子は本当に内嶋を殺したのでしょうか?自首した紗栄子の送検が迫っている最中、絵麻は正しく犯人を見つけられるのでしょうか・・・?

 

詳細を見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

サイレントヴォイスの第6話ネタバレ!

俳優の内嶋貴弘が都内の公園で何者かに殺された事件で、世間ではそのニュースに連日様々な憶測が飛び交っていました。

 

プレイボーイと有名だった内嶋は大女優・城之内紗江という妻がいながら、これまでも何人もの女性との噂が後を絶たず、最近では若手女優・木戸真理との不倫が報道されていて事件は世間からの注目の的に。

 

絵麻が取り調べているのは、女優の城之内紗江こと、本名・内嶋紗栄子でした。芸能人の取り調べということなのか意図があってか、少し前置きに時間をかけながら、いつものように高いテンションで話しかけ始める絵麻ですが、そんな絵麻にしびれを切らし自供し始める紗栄子。

 

夫を殺したのは自分だと言い、マイクロジェスチャーから読み取れる情報にも殺害は事実だと現れていました。

 

紗栄子は事件直後に「その時間は娘と二人で家にいた」とマスコミに話し会見を行っていましたが、その姿と仕草から絵麻はその言葉に嘘があると見抜いていました。

 

殺害の動機は内嶋の女関係に自分も娘も困っていて、浮気はしないと約束したはずなのに事件当日に真理と会っていたために我慢できず殺したと話します。

 

しかし、絵麻は彼女が犯人ではないと確信していました。何故なら、絵麻はすでに真理の取り調べも行っていて、彼女にはアリバイがない上に、マイクロジェスチャーによる情報からも真理が殺害したことは明白だったからです。

 

事件直前に真理と内嶋が言い争う姿が真理のマンションの防犯カメラに映っており、その日は真理の誕生日でした。

 

事件の目撃者はフルールというブランドの腕時計をした女がいたと証言していて、調査の結果その腕時計と同じものを内嶋は事件前日に購入し、真理に誕生日プレゼントとして送ったとされています。

 

真理の誕生日パーティーをする為に真理の自宅を訪れた内嶋ですが、浮気がバレると困るため帰ろうとしたところを、誕生日くらい一緒にいてほしいと引き留め口論になったと話す真理。

 

不倫については否定するものの、内嶋を愛していて何かしらの深い関係がある事は事実でした。絵麻の取り調べ中、真理はずっと嘘を付いている状態で、強い反応が現れていました。

 

ところが、あと一歩というところで紗栄子が自首してきたのです。真理は捜査の対象から外れ、紗栄子を殺人の容疑で逮捕する流れになってしまいます。

 

紗栄子は事件当日、帰りが遅い夫がまた浮気でもするのではと疑って真理のマンションへ向かいました。二人が一緒にいるところを目撃し、内嶋が一人で帰るところを事件現場の公園で問いつめ、気が付いたら殺していたと話します。

 

しかし、絵麻が凶器など詳しいことを訪ねても、わからないの一点張りです。気が付いた時には凶器と思われる石が転がっていて、内嶋は死んでいたといいます。

 

紗栄子は強いショックから、短期記憶障害に陥っているようでした。

 

絵麻は一瞬女たち二人の共犯を疑うものの、二人には面識はなく、不可解な事件へと発展してしまうのでした。

 

***

 

世間の注目を浴びている事件なだけに警視庁へはマスコミが集まってきており、筒井から騒ぎになる前に事件を終わらせるよう圧をかけられる絵麻。

 

真の犯人と思われる真理からは自供が取れず、紗栄子には動機も十分にあり自首していることから、署は明日には紗栄子を送検する方針です。

 

絵麻は何か知っているようだった真理の様子から腕時計にヒントが隠されていると踏み、内嶋と交友のあった俳優・向井と接触します。

 

向井の話では、半年ほど前に内嶋が誰かに腕時計のプレゼントをしていたそうです。時期から考えて真理に送ったものとは別で、プレゼントした相手は真理ではない誰かへの贈り物でした。

 

そして、向井のファンだったらしい絵麻が向井にサインを求めた時のやりとりで、サインを書くことについて「まったく同じには出来ませんよ」と言った向井の言葉に絵麻は何かをひらめきます。

 

絵麻は紗栄子との取り調べの後、もう一度絵麻との取り調べを行います。その時真理は例の腕時計を付けてきていました。

 

絵麻は真理に自供させる為、見つかっていない凶器をあえて見つかったと嘘をつき、指紋を採れば潔白が証明されるとカマをかけます。

 

内嶋が例の腕時計を送ったのは真理と、実の娘の2人でした。内嶋と真理は不倫関係ではなく血の繋がった親子で、真理は内嶋の隠し子でした。

 

誕生日を祝いに来たものの、家族の元へ早々に帰ると言う内嶋を引き留めた真理ですが、紗栄子との娘を指し「娘の悲しむ顔は見たくない」という内嶋の言葉に真理が逆上し、殺害に及んでいました。

 

***

 

絵麻は真実を明らかにする為、紗栄子とももう一度話をします。明らかに嘘を繰り返しているはずの紗栄子にはやはりなだめ行動が出ません。

 

紗栄子に事件のことを繰り返し話させる合間に、絵麻は事件当日の朝食や今の下着の色を聞き、さらにもう一度事件のことを話させました。

 

一言一句同じように繰り返した紗栄子を絵麻は指摘します。人間の記憶は少しづつ変わっていくものなのに、紗栄子は記憶を辿って話すはずの出来事を全く同じように繰り返していたのです。

 

紗栄子は大女優。事件についての証言は予め用意したセリフとして覚え、一言一句完璧に、言葉と言葉の間までそっくり同じに繰り返し演じていました。

 

絵麻が投げかけた突拍子もない質問のマイクロジェスチャーが現れるのに、事件のこととなると途端に反応がなくなったのはこの為です。紗栄子はアドリブが苦手でした。

 

凶器とされる石の在処や、何回殴ったかも覚えていないと言うのは彼女は実際知らないのです。実の娘をかばっていました。

 

***

 

紗栄子の証言は娘が体験したことを代わりに自分が体験したかのように演じ話したもので、短期記憶障害になっていたのは娘でした。

 

内嶋を怪しんで後を付けたものの、真理と内嶋の関係を知ったこと、殺害された内嶋を発見してしまったことなど大きなショックが続いた為が記憶障害の引き金になったと考えられました。

 

気が付いたら内嶋の殺害現場にいたという状況から、娘は自分が殺したと思い込み、紗栄子は娘をかばう為に会見でも娘のアリバイを作ろうと嘘を付きましたが、腕時計をして現場にいた娘が目撃されていたので自首に踏み切ったのです。

 

事実が判明した後紗栄子は娘と再会し、娘にも無事に記憶が戻りました。紗栄子はさすがの演技力で再び会見で世間を味方に付け、なんとか日常を取り戻しつつあるようです。

 

いつもの居酒屋で酒を呑む絵麻と西野の二人。ですが、絵麻は疲れた様子で「嘘を暴くのに疲れた」と弱音を吐き、バカ正直な男が良い、と西野を指し話しました。

 

それに露骨に喜ぶ西野。何か進展があるかと思ったのもつかの間、絵麻は嘘だと言い、またいつもの調子に戻るコンビなのでした。

 

スポンサーリンク

サイレントヴォイス第6話のあらすじ

2018年11月10日放送
第6話「名優は誰だ」

プレイボーイで有名な俳優・内嶋貴弘が殺された。直前に不倫関係にあった若手女優・木戸真理(池上紗理依)が言い争っている姿が目撃されており容疑がかかるが、犯行を否認し取り調べは難航する。
ワイドショーが連日取り上げ世間が注目する中、被害者の妻であり大女優の内嶋紗栄子(森口瑤子)が突如自首してくる。夫の不倫行為を許せなくて殺害したというのだ。
絵麻が取り調べを行うが、今回の被疑者である紗栄子は女優。演技をするというある意味嘘をつくことを仕事にしている女優の取り調べに絵麻は苦しむ。女刑事vs大女優。女同士の熱い心理戦が繰り広げる特別取調室。事件はあっと驚く展開で結末に至る!
被疑者たちは犯した罪をどのように隠し逃げ切ろうとするのか…。楯岡絵麻がどのように被疑者を追い詰めていくのか…。密室での熱い心理戦が繰り広げられる!

(引用:『サイレント・ヴォイス』公式ウェブサイト

 

スポンサーリンク

サイレントヴォイス第6話の感想

芸能人たちにミーハー心丸出しの西野と絵麻の可愛らしいやりとりが見られる回でした。絵麻は半分取り調べのための演技かもしれませんが、ちょっと意外です。

 

そして、相変わらずのリサーチ力ですね!本題に入る前の前置き話の絵麻のキャラも好きですが、今回はパンティーの話が聞けて笑えつつもドキドキしてしまいました(笑)。

 

栗山千明さんが普段は白、勝負の時はピンクのレースなんて言ってしまうのが聞いていい話なのか心配になってしまいました・・・あくまで役の話しですが。

 

最初から犯人がわかっているのにどういう事なんだろう?と今回も予想外の展開にハラハラさせられました。

 

今回こそは展開が読めた気がして、犯人は真理で、紗栄子がその現場に居合わせて記憶を失っているんでしょう?!と思っていましたが、まさかの娘のことでまんまと制作側の思惑に引っかかってしまいました。

 

反対に向井はヒントを得るきっかけになったものの、事件とは関係がなくて絵麻が本当にファンで職権乱用で会ったという可能性が非常に高いですね。

 

人を殺めるのはもちろん間違いなく悪い事ですが、内嶋の言葉も大概酷くて、隠し子とはいえ娘である真理の受けたショックは計りしれません。周りのすべての人が巻き込まれてしまった事件でしたね。

 

西野と絵麻の二人の関係もいよいよ少しいい感じになってきて、これからもっと展開があるのか、シーンが少ないながら毎度楽しみです!お似合いだと思うんだけどなぁ。

 

次回もっと発展することを期待しています!

 

『サイレントヴォイス』6話を視聴した世間の感想は、

 

スポンサーリンク

サイレントヴォイス第5話の無料動画を視聴する方法は?

『サイレントヴォイス』は、

  • 「Paravi(パラビ)」

で、第1話から最終回までフル動画の視聴ができます♪

『Paravi(パラビ)』は月額925円(税抜)のVOD配信サービスです。

TBS、テレビ東京、WOWOWの国内・外のドラマ、アニメ、バラエティ、ライブ映像など、充実しすぎる内容♪

『Paravi(パラビ)』の会員さん限定特典で、話題の最新作品がタダで1本見られる無料チケットもプレゼント!

超高画質なHD映像で、さらに音もキレイ! 複数デバイスで使えるので、家族みんなで楽しめます♪

初回は2週間完全無料!2週間以内に解約すれば一切料金はかかりません!!

『サイレントヴォイス』を『Paravi(パラビ)』で無料視聴するための方法を紹介した記事は、コチラからどうぞ。

▼関連記事▼

>>サイレントヴォイスの見逃し動画を無料で1話~全話視聴できるサイトまとめ!

 

スポンサーリンク

まとめ

『サイレント・ヴォイス』第6話で絵麻は、最初から真理が内嶋殺害の犯人であると見抜き、紗栄子の自首に疑いを持って取り調べに当たっていたことで、紗栄子の証言に隠された嘘を探します。

 

そして、真理が内嶋の不倫相手ではなく隠し子であると突き止め、真理から内嶋殺害の自供をさせる事に成功しました。

 

一方で事件に関係ないはずの紗栄子の演技を見破り、娘が殺害したと思い罪を被って自首してきたこと、実際には娘が短期記憶障害で、目撃してしまっただけで殺害はしていないと事件全体の真実を暴きました。

 

また、何かとぶつかり合う絵麻と西野のコンビですが、絵麻から珍しく弱音がこぼれ、二人の関係に少しだけ変化が現れたかもしれない回でもありました。

 

次回第7話も見逃せません♪

 

『サイレント・ヴォイス』第6話についてお届けしました。

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

※このページのトップ画像は、『サイレントヴォイス』の公式ウェブサイトから引用させていただきました。

スポンサーリンク

-【ドラマ】サイレント・ヴォイス
-, , , ,

Copyright© ドラオル! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.