『ドラマのオール(=すべて)』と、出演する芸能人の情報をお届けします。

ドラオル!

【ドラマ】サイレント・ヴォイス

サイレントヴォイスの最終回ネタバレ・あらすじ・感想まとめ!絵麻が追いつめるサイコパスの正体は?

更新日:

『サイレントヴォイス』の最終回(10話)のネタバレ・あらすじ・感想について、まとめてみました♪

 

2018年10月〜放送していた人気ミステリー小説シリーズの実写で話題のドラマ『サイレントヴォイス』。

 

シリーズ1期は大人気作となり、2020年春にはシリーズ2期の放送が予定されています!

 

第10話「綺麗な薔薇は棘だらけ」は、絵麻の相棒・西野が消息不明になってしまうところから始まります。

 

西野から話を聞いていた交際相手・香澄が連続不審死事件に関わっている疑いがあることがわかり、嫌な予感に焦りながらも取り調べを進める絵麻。

 

しかし、香澄からはマイクロジェスチャーの反応が薄く、絵麻は苦戦を強いられて・・・?

 

香澄の真の目的は?相棒不在で揺れる絵麻の西野への気持ちは?絵麻は事件を解決し無事に西野を助けることが出来るのでしょうか?

 

詳細を見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

サイレントヴォイスの最終回ネタバレ!

絵麻のところへ突然やってきたシオリ。事情を聞けば、西野に約束をすっぽかされたと言います。

西野は女性モノのバッグを一緒に選んでほしいとシオリにしつこくお願いしていたらしいのです。内容はさておき、西野が約束を破るなんて珍しいと不思議がる絵麻。

 

そこへ、今度は血相を変えた筒井と綿貫がやってきて絵馬麻を呼び止めました。西野の事を指し「飼い犬の管理も出来ないのか」と何か訳アリそうに話す筒井。西野はここ3日間、無断欠勤をしており消息不明となっていました。

 

皆勤だけが取り柄の西野が無断欠勤・・・?と、これにも違和感を覚える絵麻でしたが、先日西野といつもの居酒屋で呑んだ時の事を思い出し、心当たりに苦い顔をします。

 

最近、医者や弁護士などエリート男性の集まる婚活パーティーで出逢った女性・矢田部香澄に入れ込んでいた西野。

 

西野の話を聞いて騙されていると忠告する絵麻でしたが、西野は香澄の話を信じきっており、二人は言い争いになってしまいました。

 

売り言葉に買い言葉で「あんたの顔なんか二度と見たくない」と酷く罵った絵麻の言葉が原因なのでは・・・?と疑念を抱きつつも、筒井に最近西野が入れ込んでいた女の名前として香澄の名前を話します。

 

すると、何故か筒井はその名を知っている様子なのでした。

 

***

 

西野が交際しているらしき女性、矢田部香澄は3年前から連続不審死事件への関与の疑いがかけられながらも、証拠が挙がらず毎度釈放されているという曰く付きの人物でした。

 

そして、香澄の着信履歴と監視カメラから、西野は絵麻と言い争い別れた後に香澄と連絡を取り合ったとされ、香澄の車に乗ったのを最後に消息不明となっていました。

 

絵麻が香澄の取り調べを担当する事になりましたが、西野の失踪に香澄が関わっているとしたら一刻を争う事態だと焦る絵麻。

 

早速香澄の観察を始めますが、全身ブランド物かつ手入れもマメに行っていると伺え、やはり西野の話は嘘で真面目に交際しているとは思えませんでした。

 

絵麻は単刀直入に西野の話を切り出し、香澄のマイクロジェスチャーを探しますが、ここで今までにないある違和感を覚えます。

 

香澄からはほぼ全くと言っていいほど、マイクロジェスチャーが現れなかったのです。

 

ようやく見つけた香澄の些細な反応からとある場所の情報を掴み、捜査に向かわせる絵麻。その裏で、香澄は意味深に笑みを浮かべていました。

 

香澄はその住所は西野と同時期に交際していた男性の住まいだと言い、以前西野とのデート中にその男性とばったり遭遇してしまったことがあり、その時は西野と男性とが殴り合いの喧嘩になったと打ち明けてきました。

 

西野が殴り合いなどするとは思えず、香澄が嘘を付いている事は明白でしたが、香澄からは一向にマイクロジェスチャーが現れません。

 

混乱する絵麻のところへ、該当の住所から男性の他殺体と、西野の指紋と毛髪が見つかったと報告が入りました。

 

「やられた」と思う絵麻。

 

絵麻はこれまでマイクロジェスチャーを用いて事件を解決してきましたが、いくら嘘を見ぬけたとしても犯人が自供しない限り、証拠として決め手にはなりません。

 

物的証拠が見つかったからには、警察も西野を犯人として手配する他なりませんでした。香澄は西野に罪を着せようと絵麻を利用し、他殺体のある現場を特定させたのです。

 

香澄は西野から絵麻の話を聞いており、取り調べのスタイルを知っていました。

 

その為、自称・ピアニストを目指す音大生という情報と、偽のマイクロジェスチャーの動きをする事で、自殺偽造に失敗したもう一人の恋人を、西野が殺したように見せかけることを思い付いたのです。

 

そして、本来抑えられないはずのマイクロジェスチャーは、服用している抗うつ剤の影響で現れにくくなっていたことが、主治医の楠木ゆりかの証言で明らかになりました。

 

しかし、一貫して殺人はしていないと話す香澄。幼い頃に有名ピアニストに師事するも、レッスンの度に性的虐待を受けていたという彼女の話は事実のようでしたが、やはり数々の謎が残ります。

 

戸惑いを隠せない絵麻ですが、とうとう彼女の釈放が近付いていました。

 

***

 

追いつめられた絵麻は、見逃している事はないか、もう一度冷静に分析を洗い直し、取調室の外から彼女の姿を見てひらめきます。

 

彼女の座り方は、従属的な性格のシグナルでした。

 

昔から二人組のシリアルキラーには主従関係が成立していることが多い、その歴史を思い出し、香澄に共犯者が存在する可能性に気付きます。

 

香澄に対しての厳しい態度を一変させ、心理学を駆使しながら改めて対話を重ねると、やはり香澄には真の恋人がいる事がわかりました。

 

恋人の話をする時の香澄は脳が興奮状態になっており、それは薬の効果を上回るほどのもので、絵麻の思惑通り数々のマイクロジェスチャーが現れました。

 

絵麻はこのまま香澄から共犯者の名前を聞き出そうとするも、狂信的に恋人を愛する彼女は口を割らず惜しくも失敗に終わっていまいます。

 

しかし、こんな事ならちゃんと話しておけばよかったと西野との会話を振り返った絵麻は、西野とのとある会話から気付きを得て、香澄の共犯者を特定します。

 

***

 

絵麻からのヒントは、「先入観」。

 

共犯者は、なんと香澄と同性である主治医・楠木でした。

 

楠木は絵麻に、香澄が次々と男性を手に掛けてきた理由として、幼い頃に虐待を受けていたが故、男性への執着が強いと話していました。

 

しかし、それは香澄が同性愛者である事を悟られないための楠木のカモフラージュでした。

 

さらに、香澄だけでなく、楠木からもマイクロジェスチャーが現れなかった事も絵麻が違和感を覚えた事のひとつでした。楠木も抗うつ剤を使用していたのです。

 

関与への否定を続ける楠木でしたが、会話の中でボロが出ました。

 

行方不明になっている西野が刑事である事は外部には出ていない情報のはずなのに、楠木は西野のことを「刑事さん」と呼んだのです。

 

言い逃れが出来なくなった楠木は人が変わったように笑い始め、殺人を認めます。

 

楠木の態度は、典型的なサイコパスそのものでした。

 

香澄は実際に殺人は行っておらず、男おびき出すための餌として、利用していたのです。香澄は楠木を狂信的に愛しており、楠木の為ならなんだってやる人間でした。

 

西野は監禁され、命はまだあるものの、少しづつ血を抜かれており絶体絶命の状態でした。

 

その様子をタブレットで映しながら、楠木はおちょくるように絵麻へゲームを持ちかけてきます。心療内科医の自分と行動心理捜査官の絵麻、プロ同士で勝負をしようと言うのです。

 

タイムリミットまでに西野を救出するため、必死で取り調べを行う絵麻。

 

ようやく西野の居場所と思われる場所を特定し、現場へ急ぐよう指示を出す絵麻でしたが、発見出来なかったと報告が入りました。

 

勝ちを確信した楠木は絵麻を哀れみますが、絵麻勝ち誇った笑顔をしていました。

 

絵麻は最初から、楠木のマイクロジェスチャーには注目していませんでした。

 

取り調べ室の外から楠木の受け答えを見守る香澄の様子を録画し、彼女のマイクロジェスチャーを確認する事で西野の居場所を突き止めたのです。

 

こうして西野は無事、救出されたのでした。

 

***

 

退院した西野と絵麻はいつもの居酒屋で呑んでいました。

 

今日は西野からお礼を兼ねて、奮発して頼んだ刺身の盛り合わせ付きです。

 

西野曰く、楠木自身も養父から性的虐待を受けており、その養父も首吊りで見つかっていて、最初の殺人は恐らくそれがきっかけということが後日わかったそうです。

 

先日はあんな言い争いをした二人でしたが、絵麻は西野を記録係に再び指名し、その事を嬉しそうに話す西野。

 

絵麻は人が足りないから、とやはり素直になれずにいますが、西野はそんな事はお構いなしに喜んでいました。

 

そんな二人のいつもの仲良し(?)な様子に同じく居酒屋に入ってきた筒井たちにからかわれますが、西野が突然自分たちのことを焼き鳥のねぎまに例え出しました。

 

自分たちは2つで1つ、それにねぎまは2つ同時に食べるとマリアージュがたまらない・・・というおバカ発言に、綿貫がマリアージュがフランス語で結婚という意味だと告げ、思わず見つめ合ってしまう二人。

 

そんな二人に筒井は「二人揃って寿退社してくれ」とぶっきらぼうに告げ、二人もお互いに意識しながらもいつもの通り素直じゃない態度を取り合うのでした。

 

スポンサーリンク

サイレントヴォイスの最終回あらすじ

2018年12月15日 夜10時放送

第10話「綺麗な薔薇は棘だらけ」

絵麻の相棒・西野(白洲迅)が消息を絶った。
そこには交際を始めたばかりの香澄(逢沢りな)という女が絡んでいると思われた。香澄を調べると香澄の周りで医師などの金持ちが次々に不審死している希代の毒婦…という疑いがあった。
香澄を呼び寄せ絵麻が取り調べるがマイクロジェスチャーとなだめ行動の反応に不自然な動きが見られた。絵麻は香澄が通う心療内科の主治医・楠木ゆりか(野波麻帆)を呼び、香澄の心の中を読もうとする。
捜査を進めていくと西野が拉致監禁された事件の裏に隠された驚愕の事実が判明してくる。絵麻は、筒井刑事や綿貫刑事、そして婦警のシオリとともに西野を救うためイチかバチか大勝負の賭けに出る。はたして仲間の命を救うことはできるか!?

(引用:『サイレント・ヴォイス』公式ウェブサイト

 

スポンサーリンク

サイレントヴォイスの最終回感想

失踪中なのだから当たり前なのですが、記録係が西野じゃないところから違和感がすごくて、楯岡と同じ気持ちで西野の存在の大切さに気付いてしまったのでは・・・というくらい、私は西野を欲してしまいました(笑)。

 

楯岡も代理で記録係を勤めた綿貫との息の合わない取り調べにやや苦戦していましたね。

 

刑事のくせにそんなあからさまな女に引っかかってどうする〜!と思わずにいられませんでしたが、きっとそれも含めて西野の憎めない良いところ。

 

無事に退院して元気な姿を見られた時には、気が付けば西野愛が高まっていました・・・不思議。

 

最終回も相変わらず美しい栗山千明さんでしたが、西野の身の危険が迫る焦りで必死な表情をしたり、声を荒げたり、額に汗をかいたりと迫真の演技をしていて、美しいお顔のまた新たな一面が観れたところも最終回の大収穫です。

 

窮地に追い込まれても負けずにきっちりやるべきことをやる楯岡の姿勢にぴったりの、強い瞳が最後まで印象的でした。

 

これまで圧倒的洞察力で難しい事件をなんなく解決してきた楯岡絵麻が最終回でどんな強敵と対峙するのか・・・?!

 

ここに来て一度くらいは挫折することもあるのでは?!と怖いもの見たさみたいなものでハラハラしていましたが、結果は苦戦するものの楯岡の圧勝!最初から最後まで観ていて爽快なドラマでした。

 

最後の最後でいつもの居酒屋・庄やのメニューが恒例の「次回予告」ではなく、メニューの外側裏面に「END」、そしてそれを宇梶剛士さん演じる筒井が画面に向けるところも和みました。

 

事件を解決していくシリアスな場面ももちろん面白いけど、もっとこの人たちがワイワイキャッキャしているところも観ていたいんだよなぁ〜と思える、愛嬌のあるキャラクターが多い作品だったので、シーズン2もとても楽しみです。

 

『サイレントヴォイス』の最終回を見た世間の感想は、

 

スポンサーリンク

サイレントヴォイスの最終回の無料動画を視聴する方法!

『サイレントヴォイス』は、

  • 「Paravi(パラビ)」

で、第1話から最終回までフル動画の視聴ができます♪

『Paravi(パラビ)』は月額925円(税抜)のVOD配信サービスです。

TBS、テレビ東京、WOWOWの国内・外のドラマ、アニメ、バラエティ、ライブ映像など、充実しすぎる内容♪

『Paravi(パラビ)』の会員さん限定特典で、話題の最新作品がタダで1本見られる無料チケットもプレゼント!

超高画質なHD映像で、さらに音もキレイ! 複数デバイスで使えるので、家族みんなで楽しめます♪

初回は2週間完全無料!2週間以内に解約すれば一切料金はかかりません!!

『サイレントヴォイス』を『Paravi(パラビ)』で無料視聴するための方法を紹介した記事は、コチラからどうぞ。

▼関連記事▼

>>サイレントヴォイスの見逃し動画を無料で1話~全話視聴できるサイトまとめ!

 

スポンサーリンク

まとめ

『サイレントヴォイス』第10話(最終回)では、相棒西野が事件に巻き込まれ命の危機にさらされ、素直になれないながらも西野のことで冷静さを失う絵麻でしたが、苦戦を強いられながらも予想を上回る機転で見事事件を解決しました!

 

香澄の目的は恋人の楠木に愛される為に言いなりになっていただけで、楠木は過去の出来事も関係してか、殺害を楽しむ癖のあるサイコパスでした。

 

絵麻と西野はお互いを意識しつつも、特に進展はないままになってしまいましたが、ドラマでは観られなかったその後の展開があったと信じていたいところです。

 

最後まで観ていて爽快なドラマでした。

 

『サイレントヴォイス』第10話(最終回)についてお届けしました。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました!

※このページのトップ画像は、『サイレントヴォイス』の公式ウェブサイトから引用させていただきました。

スポンサーリンク

-【ドラマ】サイレント・ヴォイス
-, , , ,

Copyright© ドラオル! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.