『ドラマのオール(=すべて)』と、出演する芸能人の情報をお届けします。

ドラオル!

【ドラマ】鍵のかかった部屋

鍵のかかった部屋1話のネタバレ・あらすじ・感想!大野智(榎本役)衝撃の初登場回!

更新日:

(画像引用元:Amazon)

ドラマ『鍵のかかった部屋』第1話のネタバレ・あらすじ・感想についてまとめてみました♪

2012416日から625日のフジテレビ「月9」で放送された大人気ドラマです。

なんと嵐の大野智さん主演の防犯オタクこと榎本径が、2020年5月11日にお茶の間に帰ってきます。

今日のテーマは『佇む男』。

冒頭は今回の事件となる山荘で起きた密室事件の謎から始まっていきます。

芹沢豪が勤務している大手法律事務所で働くことになった青砥純子は就任早々、円山の依頼で友人の大石の自殺した話を聞くことになりました。

部屋の中も密室だったということで、警察は自殺と断定しました。

しかし、大石の死には不自然な点がいくつかあり純子は芹沢に相談するものの断られ、さらに銀行で金庫室に入った芹沢たちを純子が閉じ込めてしまいます。

救助不可能となった状況でセキュリティー会社から榎本径が派遣され、見事解除に成功しました。

彼の手腕を買った純子は密室事件の謎を一緒に解いてほしいと依頼し同行することになりました。

では、さっそく詳細を見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

鍵のかかった部屋1話のネタバレ!

青砥純子(戸田恵梨香さん)は小さな個人事務所で2年ほど勤めていました。

そしてこの度、FS(フリードマン・芹沢総合法律事務所)の芹沢豪(佐藤浩市さん)の元で働くこととなりました。

憧れの芹沢の下で働ける喜びを抑えきれない純子は意気込みを語ります。

しかし多忙の芹沢は先方の都合で、これから中央朝日銀行にてデューデリジェンス(買収や合併の際の資産価値を調査)を行うため、出かけることとなりました。

純子の初仕事は貿易会社の円山社長と会って話を聞くことでした。

 

**

指定されたホテルのラウンジにて、円山社長(浜田晃さん)から個人的な相談を受けました。

内容は新日本葬礼社の社長である友人の大石満寿男(前田昌明さん)が自殺したことについてでした。

大石は末期の膵臓癌で余命半年と宣告されており、さらに警察は遺体が発見された部屋が密室状態だったことも踏まえて自殺と断定されました。

しかし、そのことで円山には気になることがありました。

それは同席していた大石の会社の司法書士を担当している日下部雅友(堀部圭亮さん)が最近、大石から遺言状の書き換えの依頼を受けていました。

話によると、会社の過半数の株式を含む遺産の全てが、唯一の身寄りである甥の池端誠一(風間杜夫さん)に相続される予定でした。

既に書類も作成済みだったが、池端の横領が発覚されたことで急遽考えを変えたそうです。

書き換えを行う前に自殺するのはおかしいと感じ、また現場には自筆の遺言状まで残されていました。

内容を確認すると、日下部の作成した書類と遺言状には大きな変更点もありませんでした。

つまり、同じ内容の遺言状が2通あることになってしまいます。

そこで円山は芹沢に調査をしてほしいと純子に頼みました。

 

**

純子は中央朝日銀行にいる芹沢に依頼の件を話したが一蹴されてしまいます。

芹沢は総額200億に上る絵画や銅像、貴金属類も収められている大金庫室に案内され、

頭取の小高(名高達男さん)と共に資産を確認していました。

その頃、芹沢に断られて困り果てていた純子は金庫室のそばのボタンが目に入り、好奇心で押してしまいます。

すると、金庫の扉がゆっくり閉まり始めてしまい芹沢と小高は中に閉じ込められてしまいました。

不運にも金曜日だった為、月曜日の朝まで扉を開けることが不可能でした。

また緊急事態用のボタンもあったが、パスワードが2つ必要だと言われさらに、番号は頭取しか把握しておらず救助不可能となりました。

 

**

打つ手がなくなった純子たちは金庫の前で立ち尽くしていました。

そこへ、守衛が『東京総合セキュリティー』に連絡し、榎本径(大野智さん)がやってきて、耳にイヤホンをつけて解除の作業に当たります。

金庫のダイヤル解除の仕組みについて細かく話してくれる榎本に対し、早く開けるように促しました。

作業終了後、扉が開き芹沢たちを救出することができました。

 

**

純子は大石が自殺した奥多摩山荘へ日下部と行く約束をしていることを芹沢に話すが、

「警察が自殺といっている以上どうすることもできない」と言われるが食い下がります。

また「どうやって証明するんだ」と言われ、部屋が密室じゃなかったことを証明できればと、防犯の専門家を連れて行こうと提案しました。

純子は榎本に状況を説明し密室の謎を解けるか尋ねました。

すると彼は「他殺であれば破れない密室なんてこの世に存在しません」と名言を放ち、彼らと同行しました。

 

**

遺体を発見した日の3日前から連絡が取れなくなり、日下部は嫌な予感がしていました。

会社に聞くと大石は山荘へ籠ることがあり、その間は外部との連絡を一切絶っていました。

よくあることだと社の人間は言いますが日下部は大石の身体を気遣い、安否確認の為に山荘へ行く許可を強く願いました。

 

**

山荘へ到着した一行は日下部が秘書から借りた鍵で中へ入りました。

鍵は2本で普段大石が持っており、合鍵を会社の金庫で管理をしているとのことです。

金庫を開けられるのは専務の池端と秘書の田代芙美子(阿南敦子さん)でした。

 

**

しかし、日下部が最初に行ったときは鍵がなく、中へ入れませんでした。

窓のカーテンは全て閉まっていて中の様子が見えにくかったが、池端が僅かな隙間を見つけて覗き込みました。

窓を割って中へ入ると、社長は座った状態で口からウジがわいており臭気もひどいものでした。

そして周囲を見渡すと葬儀用の花や垂れ幕、注射器やモルヒネ、遺言状もありました。

 

**

日下部の証言をもとに現場の確認をしていました。

葬儀用の垂れ幕や白幕が使用されていたこと、遺体が腐敗していたことも説明しました。

そのとき、榎本は部屋を隅々まで観察していました。

死因はモルヒネを大量摂取したことが原因でした。

癌の痛みを和らげる為に、普段から自分で静脈注射(モルヒネ投与)をしており、ちなみに入手経路は知り合いの医師からでした。

大石は元々葬儀用の技術を持っていた為、自分で投与をすることは容易でした。

話を聞いた芹沢は自殺だと断言しますが、日下部は他殺だと反論します。

そして、誰に殺されたか純子が聞くと「池端」と答えました。

早く切り上げたい芹沢はこちらで精査すると言って帰ってしまい、榎本はまだ調査を続けました。

 

**

純子はコンビニ飯を食べながら、密室の状況を絵におこしました。

翌日、榎本から調査に関する連絡がなかったので、円山に自殺だったと報告を入れようとします。

「まだ自殺かどうかは分からない」と純子が言いますが、榎本も同じ考えだと言い張ります。

そこへちょうど、連絡があり彼の会社まで出向くことになりました。

 

**

受付で榎本を呼んでほしいと頼みますが、ここにはいないと言われてしまいます。

彼がいたところは地下1階の小さな倉庫室でした。

榎本は錠オタクで様々な建物のものが多く所有しており、防犯性についても熱く語ります。

早く帰りたい芹沢が本題に移るようにお願いしました。

純子が見取り図を出そうとしたとき、榎本が模型を出し、なんと間取りや遺体の場所まで全て正確に再現されていました。

結論を急ぐ芹沢が自殺かどうかを尋ねると、「今から考える」と言い、部屋を隅々まで観察を始めました。

部屋は密室、遺体もテーブルとソファで固定されていて動けない状態でした。

そして窓には鍵がかかっていて、侵入経路は他にありませんでした。

純子が窓から出た後で鍵をかけることはできるのかと尋ねると、クレセント錠(室内側に取り付けられる締め金具)の場合、建て付けが悪ければ振動で締めることが可能です。

しかし、建物がしっかりしていてがたつきもなく、さらに全ての窓にはロック付きのクレセント錠が付いていた為、外部からかけることが不可能でした。

話を聞いても尚自殺と言い張る芹沢に、榎本は自殺とは考えられないと言います。

根拠は以下の内容でした。

・遺体の背後にあった白幕が100個の画鋲で打たれていた跡があり、それがドア枠にも残っていたこと。

20㎏近くあるガラステーブルを移動させたこと。

結果、死期が近い大石にとってどれも重労働な為遺言状の内容を見る限り、やる理由がないとの見解でした。

芹沢がやはり自殺だといいますが、もし仮に犯人がいるとして「いかにして密室をつくったか」という根拠が必要だといいます。

それに対して榎本は遺体と白幕に塞がれている「ドア」に注目しました。

犯人は遺体をどかし白幕の下にある僅かなたるみから、ギリギリドアを開けて出ることができます。

しかし、それだと廊下に出てから遺体を動かしたこととなってしまいます。

では、どうしたか。

・遺体を紐状で結び余った部分を引いて廊下に出る。

・紐を引いて遺体をドアまで一気に引き寄せる。

しかし、その後でガラステーブルやソファを動かす作業があることや、ドアを外して後から取り付ける方法を思いつきましたが構造上不可能でした。

いろいろ考察した結果、芹沢は自殺として切り上げようとすると、榎本は今までとは違う発想が必要だと述べました。

 

**

榎本の会社を後にした芹沢はこの件から手を引こうと提案しました。

やはり密室が破れなければ殺人だと断定することができないから仕方ないと彼は言います。

しかし、純子は他殺を疑い「このまま終わらせたくない」と反論しました。

芹沢は「自殺でも他殺でもどちらでもいい。こんなちっぽけな事件に関わっている暇はない」と、先に帰ってしまいます。

悔しい純子はあと一日だけ待ってほしいこと、調査は自分だけで行うこと、それで何も出なかったら諦めることを提示したところ許可出ました。

 

**

【新日本葬礼社にて】

まず注目したのは遺言状の筆跡鑑定ですが、病気で手が震えていたらしく不可能ではないかと日下部はいいます。

それから、既に作成済みのものは大石が秘密裏の為公表されていませんでした。

万が一経営が傾いた場合、池端個人に2000万の保証人になってほしいと記載があり田代に尋ねると事実だと分かりました。

その事実は大石と池端のみが把握していました。

次にモルヒネの致死量について。

常用者の場合耐性がつくそうですが、体内からは致死量の数倍の量が検出されました。

それを聞く限り、事故とは考えにくいと純子は考えます。

犯人候補は注射の心得がある者、よく痛み止めを打っていた池端が有力候補に挙がりました。

 

**

純子は山荘付近へ聞き込みをしました。

現場へ行くとそこに榎本がいて一緒に中へ入ろうとしたとき、止められてしまいます。

そこにいたのは一人の少年、松田大輝(土師野隆之介さん)でした。

大輝はカーテンの隙間から男の人を見たと証言しました。

しかも座っていたのではなく、白幕の前に立っていた白い頭の人が大輝がいる方を睨んでいたようです。

怖くなった大輝は逃げました。

 

**

【大石の葬儀シーン】

純子は芹沢に目撃者がいたことを報告しました。

そして白い頭の男について日下部に尋ねたところ、池端だということが分かりました。

円山が参列していた為、芹沢が取り入りあくまでも自分が調査をしたかのような報告をしていました。

純子は日下部に池端を教えてもらい、遠目から大輝と確認したところ一致しました。

大輝を連れて池端の元へ連れて行き、もう一度よく見てもらったところ「違う」と言われます。

実際に見たのは大石だったようです。

 

**

亡くなっているはずの大石を見たという大輝に驚きを隠せない純子たち、さらに葬儀場で恥をかき芹沢はご立腹でした。

榎本が芹沢に意見を求め、彼は遺体の体を縛り上からドアのてっぺんから吊るすと案を出しますが白幕があって不可能でした。

芹沢は空気が悪いといい、天窓を開けたとき蠅が中に入ってきたのを榎本が眺めていました。

純子が「違う次元から」と言ったとき、榎本が考察したのは「時間」でした。

彼は事件が解けそうになると耳元で鍵を開ける仕草をし、答えが出ると脳内の扉も開きます。

そして純子たちに「これで密室は破れました」と名言が出ます。

ところが、「明日お話しします」と言われます。

それに対して芹沢は「出たよ、出ちゃったよ。俺が一番嫌いなやつ。もったいぶるなよ。今言えよ、すぐ言えよ」と騒ぎ出す名言まで勃発します。

 

**

【新日本葬礼社】

池端は出所するなり、山荘の片付けをしに行ったと聞き純子たちも急行します。

到着すると片付けを終えた池端と鉢合わせます。

池端と中で話をすると、「今更死因について議論する余地はない」と申し立て、出ていくように命じました。

そこで純子が「密室の謎を解いた」と言い、榎本と交代します。

話す前に榎本が芹沢に「もったいぶっていないですよ。前もって確認をしておきたいことがあって」と伝えました。

どうやら密室の他にも法医学の知識も入れておく必要があったようです。

まず部屋の中に蠅がいたことから話し、日下部が発見時に遺体の口からウジが湧いていた話を思い出し、卵が孵化するまで最短で半日はかかると説明します。

そのため、窓を割って入る前には既に蠅がいたことになります。

では、どうやって侵入してきたかというと、大石が亡くなった後で一度開けられたことが考えられます。

密室が完成したのは再び扉が閉まった後とのことです。

この事件のキーワードは「時間」だということが判明しました。

続いて犯人がとった行動についてです。

・犯人は大石が後継者を決めるために、山荘へ来たことを知り自分も訪れた。

・経営上の問題について長時間話していた。

・そのとき大石が癌の痛みを訴え、痛み止めとして致死量を上回る量を打った。

・昏睡状態に陥った大石を寝かせ、絶命するまで見届けていた。

この事件の最大の謎はどうやって遺体を座らせたかということですが、結論は「大石自身が座った」でした。

亡くなった後、ドアに白幕をはりガラステーブルやソファを動かし、全ての準備を整えてから一旦出ました。

そして車を飛ばして会社に戻り、12時間後に再び山荘へ訪れました。

時間をあけたのは密室が完成するのを待っていたためでした。

犯人が部屋に戻ると臭気が増し、たまらず窓を開け喚起し蠅もそのとき入ってきました。

遺体も死後硬直で硬くなったことを確認し、遺体をドアに立たせテーブルで固定しました。

そして廊下に出た後、慎重に扉を閉めました。

以上が犯人のとった行動でした。

その後、死後硬直が進むと顎から下肢へと順番に緩んでいき、関節も曲がっていきます。

背面の幕はシルク製なので、滑りがよく最後には遺体が自動的に座り込むといった形が完成します。

さらに決定打は目撃者の大輝と白幕でした。

白幕は大石のDNAが付着しているため、立っていたことが証明されます。

しかし、池端を犯人と証明するものがなく榎本も認めました。

ただ一言「犯人はあなただと言っていない」とだけ。

榎本は密室の謎を明かすことに興味があっただけで、犯人探しには興味がありませんでした。

勝ち誇った池端が帰ろうとすると、芹沢が止めに入ります。

切り出したのは遺言状の内容でした。

会社が傾いた場合、2000万の保証人になっていたのが池端だということを知っているのは大石のみでした。

そのため、自筆で遺言状を書いたのは池端だということが分かりました。

密室を作り上げ証拠も処分し、警察にも自殺だと欺くことが勝算にありましたが、榎本が密室を解いたことによって池端の勝利はなくなりました。

 

**

後日、芹沢が円山に事件が解決したことを伝え、べた褒めされてご満悦になっていました。

仕事の大きさは関係ないと最初と逆のことを言っている傍らで純子は呆れていました。

帰り道、芹沢が車内でラジオを聞いていると新たな密室事件が起きました。

内容は男子高校生が練炭で自殺を図ったとのことです。

そして芹沢が「密室か」ともらし、最後に榎本が今まで苦戦していた古い錠を開けることに成功し、笑みを浮かべていました。

 

スポンサーリンク

鍵のかかった部屋1話のあらすじ

第1回 2012年4月16日(月)放送 あらすじ

チグハグトリオが挑む、最初の密室事件

東京総合セキュリティに勤める榎本径(大野智)は、弁護士・青砥純子(戸田恵梨香)に頼まれ、先輩弁護士の芹沢豪(佐藤浩市)と密室事件の現場にやってきた。そこは、葬儀会社の社長・大石の遺体が見つかった山荘だった。警察は、山荘が密室だったこと、大石が末期のがんを患っていたことから自殺と断定。しかし、大石の友人・円山(浜田晃)と司法書士・日下部(堀部圭亮)は疑念を抱き、芹沢に調査を依頼したのだ。榎本らを山荘に案内した日下部は、遺体を発見した日の状況を説明し始めた。
その日、日下部は、大石の甥で葬儀会社の専務・池端(風間杜夫)と山荘に赴いた。窓から部屋を覗くと人影が見えたため、窓を破って室内に入ると、大石が部屋のドアを背にして体育座りのような姿勢で死んでいた。脚の前には重厚なテーブルが置かれ、そのテーブルはどっしりとしたソファで固定、また、ドアには天井から床まで白幕が張られ、遺体はそこに座っていた。
純子が日下部の説明を聞くなか、芹沢は大石は自殺だろう、と榎本に同意を求める。と、榎本はドアとテーブルの間に遺体と同じ姿勢で座っていた。
後日、純子は、芹沢を連れ、東京総合セキュリティに榎本を訪ねた。「備品倉庫室」と書かれた薄暗い倉庫にいた榎本は、ふたりに山荘を完璧に再現した模型を見せた。一度の入室ですべてを記憶したという榎本は、大石が自殺かどうか、検証すると言い…。

(引用:『鍵のかかった部屋』公式ウェブサイト

 

スポンサーリンク

鍵のかかった部屋1話の感想

大野智さんは防犯に詳しく、古い錠前を無数所有しているマニアックな役でした。

そして金庫のロックの構造を淡々と説明をするシーンがありましたが、僅か17分足らずで開けられたときには驚きました。

今回私が注目したところは、芹沢が榎本に振り回されていくことです。

密室を解けたのに、明日までお預けというやり取りが面白く何度も見てしまいました。

さらに2人のキャラクターが事件に対しての姿勢が正反対なところも味がありました。

純子も金庫の扉を閉めてしまうなど天然ぶりが堪りませんでした。

しかし、彼女は一度引き受けたことは最後までやり遂げるといった姿勢がとても素晴らしかったです。

彼らの今後の活躍に期待大です。

 

スポンサーリンク

鍵のかかった部屋1話を無料で視聴する方法!

ドラマ『鍵のかかった部屋』は、2020年5月現在、

  • 『TSUTAYA DISCAS(ツタヤ ディスカス)

で、レンタルDVDでのみ視聴可能です!

『TSUTAYA DISCAS(ツタヤ ディスカス)』は、自宅にDVDを宅配してくれるサービスと、10,000本の動画が見放題のサービスが同時に楽しめます。

『TSUTAYA(ツタヤ)』に存在するDVD・ブルーレイ・CDが借り放題になります!

見たいDVDをネットで選ぶだけで、あとは自宅の郵便受けに自動で配達してくれます。

返却するときも、郵便ポストに投函するだけでOKなので、ラクチン!

さらに、10,000本の動画は幅広いジャンルが楽しめます!

初回30日間は無料お試し期間加入して30日以内に解約すれば、料金は一切かかりません!

ドラマ『鍵のかかった部屋』を『TSUTAYA DISCAS(ツタヤ ディスカス)』で無料視聴する方法については、下記の記事をご覧になってください。

▼関連記事▼

>>鍵のかかった部屋の見逃し動画を無料で1話~全話視聴できるサイト!

 

スポンサーリンク

まとめ

芹沢が運転していた車のラジオ放送で練炭による自殺の報道が流れました。

そして鍵も内側からかかっていて、窓も目張りされていたようです。

次回もまた榎本が密室に挑むのですが、芹沢たちとまた接点はあるのでしょうか。

さらに純子の天然は発揮されるのか楽しみです。

 

スポンサーリンク

-【ドラマ】鍵のかかった部屋
-, , , , ,

Copyright© ドラオル! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.