『ドラマのオール(=すべて)』と、出演する芸能人の情報をお届けします。

ドラオル!

【ドラマ】鍵のかかった部屋

鍵のかかった部屋10話のネタバレ・あらすじ・感想!玉木宏の清掃員が怖すぎる・・

更新日:

(画像引用元:Amazon)

ドラマ『鍵のかかった部屋』第10話のネタバレ・あらすじ・感想についてまとめてみました♪

『鍵のかかった部屋』第10話は、2012年6月18日に放送されたドラマです。視聴率は13.8%でした☆

芹沢(佐藤浩市さん)の紹介で、榎本(大野智さん)は襲撃のあった会社の防犯強化を請け負います。

工事の日、会社の社長(佐々木勝彦さん)が部屋で殺された現場に遭遇します。

襲撃事件を捜査する榎本は、社長の自作自演だったと結論付けますが、しかし過去のトラブルで社長殺しの疑いをかけられた榎本でした。

・榎本に起きた過去のトラブルとは一体?

・榎本が真犯人なのか・・・?

詳細をさっそく見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

鍵のかかった部屋10話のネタバレ!

介護サービス会社ベイリーフの社長室が外から空気銃で銃撃されたと相談を受ける芹沢(佐藤浩市さん)と青砥(戸田恵梨香さん)。その他にも、“会社に火をつける”“社長を殺す”等の脅迫状が届いていた。

来月の株式上場への影響を考えた社長の穎原昭造(佐々木勝彦さん)は、警察に届けた方が良い。と言う専務の久永(中丸新将さん)に「お前は黙っていろ!」叱責する社長。

絶対に表沙汰にしてほしくない社長の頼みで芹沢達が事件を調べる事となった。

**

防犯の強化を提案した芹沢の紹介で、社長室があるフロアにやってきた榎本(大野智さん)を見た社長は「彼の作業中、一緒に行動してください」と青砥に伝えた。

「以前一緒に仕事をしたことがあります。まぁ、彼は警備の人間をいちいち覚えては居ないと思いますが…」と榎本は話す。

「投資家向けの会社の説明会で介護ロボットと介護猿のどちらのプレゼンが有効的か、来週の会議で決めることになっているんです」と芹沢に話す、副社長の穎原正樹(鈴木一真さん)

一通り、防犯対策を見た彼は、実は厳重だと思われていた警備が、簡単に突破できる事を指摘し「鍵を盗み出すなんて、たいした手間じゃない。こんなの余裕ですよ」と言い放った。

***

一週間後、会議の日。

【PM12:11】

役員会議室へ秘書の伊藤(西山繭子さん)がコーヒーを持っていくと、社長と専務が言い争っていた。

ミルクと砂糖を入れコーヒーを飲む社長と専務。

【PM12:19】

会議を終え、社長室に入っていく社長。副社長は「出かけてくる」と言い、出ていく。「社長は昼寝をするそうです。私もなんだか眠い。13時に榎本さんが工事にやってくるので対応して下さい」と秘書に伝え、専務室に入っていく専務。

【PM12:25】

会議室で待機する、ロボット介護室課長の岩切(菅原大吉さん)と介護猿室課長の安養寺(小須田康人さん)

椅子で寝ている専務に布団をかける秘書の河村(本田翼さん)

“榎本から渋滞で20分ほど遅れる”と連絡あり

【PM13:10】

副社長が帰社。

窓ふきのスタッフから「1番端の部屋で人が倒れている」と連絡がありました。と伝える1階の警備員。

フロアに戻った副社長と秘書の伊藤が、血を流して倒れている社長を見つける。

榎本が到着した際、副社長は専務を起こそうと揺さぶっていた。

***

フロア内に居た6人に事情を聞いているのは、捜査一課の萬田(丸山智己さん)だ。

芹沢・青砥が到着すると、何故、銃撃を通報しなかったのか と攻めた。

社長の死因は頭部の打撃だった。衝撃はさほど強くはなかったようだが、昨年、頭部の脳動脈瘤の手術で頭蓋骨を切開していた為、衝撃に弱くなっていた。ここに居る6人は手術のことを知っていた。

廊下の防犯カメラにはフロアや社長室を出入りした人は映っていなかった。だが、【社長室・専務室・副社長室】はそれぞれ中でドアが繋がっており、誰にも見られず、社長室に出入りできる人は専務しかいない と警察署に連れていかれてしまった。

***

秘書に話を聞く芹沢。

・社長はズボンの裾がたくしあがった状態で発見されている。即死ではなく、這おうとしたのでは?なぜか、ドアの方に足が向いていた。

・専務は昔、社長の運転手だった。専務という肩書だが、社長の程のいい小間使いだった。

・岩切課長は、いつまで経っても介護ロボットの話が進まないため、痺れを切らしていた。

・社長は介護猿の打ち切りを考えていた事を、安養寺課長は知っていた。

・副社長と社長は、経営方針の食い違いでよく口論していた

社長のコーヒーだけ、別の豆を使用しています。と聞くと“睡眠薬はコーヒー豆に入っていたのか?”と推理する芹沢。

***

「専務の久永さんは無実ですよ。副社長が起こした時、毛布は両手を包んでいた。一度もイスから立ち上がっていない証拠です。まぁ、証明できないので、警察には相手にされないと思いますが…」榎本と青砥は、社長室で銃撃について調べていた。

榎本の指示で、屋上から紐の付いた重りをガラスに向かって投げる青砥。

何か考えている様子の榎本は右手の親指と人差し指をスリスリしている。

「もしかして…!?」

“ガチャッ”鍵が開いた音がした

「青砥さん、穎原さんに連絡とってもらえますか?」

一方、捜査一課の鴻野(宇梶剛士さん)の下に“有力なタレコミ”の電話が掛かってきた・・・・。

***

社長に就任した穎原に、狙撃事件について話す榎本。

「ここは12階です。隣に建ってある10階建てのビルの屋上から何者かが狙撃をした場合、角度的に、窓を貫いた穴と扉の弾痕の高さが合わないんです。つまり、狙撃フェイクだったんです。屋上から何か尖った物を振り子の容量で投げ、外から穴を開けた。ドアの弾痕は室内から空気銃で穴を開ければ、外から襲撃されたように偽装できます。これまで、どちらも同じ犯人による1連の事件だと考えられていましたが、どうやら違うようです」

穎原は尋ねた「じゃあ、狙撃を仕組んだのは誰ですか?」

「殺された社長の、自作自演です」

社長が…?驚きつつも、何か思い出したような穎原。

「そういえば、12階の警備システムなんですが、社長の提案で5年前に強化されていました。なのに今年になって、システムの見直しをすると社長が言い出したんです。予算の関係で、承認されなかったですが…」

脅迫状が送られてきたからですか? と尋ねる青砥。

「脅迫状が送られたのは、もっと後なんですよ」と話す穎原。

防犯システム強化の為に、狙撃の自作自演をしたのか?何のために??芹沢が話す。

「それは、おそらく・・・・」榎本が話し始めた。その時

「その男の口車に乗せられたらいけませんよ」

捜査一課の鴻野が入ってきた。

「榎本さん、あなた社長と面識があったようですね。5年前、あなたは社長の自宅のセキュリティを請け負ったが、数日後社長の自宅に窃盗が入った。そのせいで疑われましたよね?」

【あの工事をやった男だ!絶対にあいつが犯人だ!】と穎原社長は榎本が居た会社に怒鳴り込んでいた。

「損害賠償を請求されて、肩身の狭い思いをしたんじゃないですか?結局、窃盗は社長の愛人だった。でも、穎原社長から謝罪の言葉は無かったようですね。その事件以来、あなたは倉庫室に籠るようになり、穎原社長を恨んでいた……?」

“セキュリティの人間が疑われるのは珍しくない”淡々と対応する榎本。

「密室解明に手間取っている、それもわざとでは?この会社のセキュリティを熟知しているあなたならできるでしょう?『たいした手間ではありません、こんなの余裕です』と宣言していたそうですね。あなたなら誰にも見られずに、社長を殺すことができるんじゃないの?」

黙っている榎本

「後は署で話しましょうよ」

わかりました。と歩き出す榎本。

振り向くと榎本に向かって、窓の清掃員(玉木宏さん)が笑っていた。

 

スポンサーリンク

鍵のかかった部屋10話のあらすじ

第10回 2012年6月18日(月)放送 あらすじ
榎本さん、あなたが殺したんでしょう?

榎本径(大野智)は、青砥純子(戸田恵梨香)、芹沢豪(佐藤浩市)とともに芹沢が顧問弁護を務める介護サービス会社「ベイリーフ」にやってくる。同社の社長室や役員室が入る会社最上階のセキュリティー強化を依頼されたのだ。社内を調査した榎本は、社長の穎原昭造(佐々木勝彦)らに必要なシステムを説明、後日、工事が行われることとなった。
ところが数日後、榎本が工事にやってくると、穎原が社長室で死んでいた。連絡を受け駆け付けた純子と芹沢に、穎原の甥で副社長の穎原雅樹(鈴木一真)は、穎原の死因が頭部打撲による脳出血であること、社長室が密室だったことを明かした。刑事の萬田(丸山智己)は、社長室に唯一入出可能だったという理由で専務の久永(中丸新将)を警察署に連行。しかし、久永が犯行を否認したため、芹沢は榎本に事件の調査を依頼した。
榎本が検証を続ける間、純子と芹沢も事件について考察を重ねた。そんなふたりを、ボロボロのスニーカーを履いた男が付け狙っていた。
やがて、何かに気づいた榎本が、雅樹らにその事実について説明を始めたとき、刑事の鴻野(宇梶剛士)が入ってきた。さらに、窓の外には、掃除用のゴンドラに乗った清掃会社スタッフの佐藤学(玉木宏)が現れる。上昇するゴンドラから一瞬見えた学は、あのボロボロのスニーカーを履いていた。榎本と佐藤の視線が交錯、この後、榎本は窮地を迎えることになり…。

 (引用:『鍵のかかった部屋』公式ウェブサイト

 

スポンサーリンク

鍵のかかった部屋10話の感想

今回は2部構成(10話、11話)の前半をお伝えしました!

いつも淡々と話す榎本の過去の姿が少し垣間見えましたね。人と仲良くするのが嫌いなのかなぁ?と思っていましたが、トラブルがあったんですね!

姿が見えないが、怪しい人物の靴(しかもスニーカーなので会社員ではない??)がちらっと見えていました。最後に顔を出した窓の清掃員と関係があるんでしょうか…?

次回も楽しみですね!

『鍵のかかった部屋』の10話を視聴した世間の感想は、

 

 

スポンサーリンク

鍵のかかった部屋第10話を無料で視聴する方法!

ドラマ『鍵のかかった部屋』は、2020年5月現在、

  • 『TSUTAYA DISCAS(ツタヤ ディスカス)

で、レンタルDVDでのみ視聴可能です!

『TSUTAYA DISCAS(ツタヤ ディスカス)』は、自宅にDVDを宅配してくれるサービスと、10,000本の動画が見放題のサービスが同時に楽しめます。

『TSUTAYA(ツタヤ)』に存在するDVD・ブルーレイ・CDが借り放題になります!

見たいDVDをネットで選ぶだけで、あとは自宅の郵便受けに自動で配達してくれます。

返却するときも、郵便ポストに投函するだけでOKなので、ラクチン!

さらに、10,000本の動画は幅広いジャンルが楽しめます!

初回30日間は無料お試し期間加入して30日以内に解約すれば、料金は一切かかりません!

ドラマ『鍵のかかった部屋』を『TSUTAYA DISCAS(ツタヤ ディスカス)』で無料視聴する方法については、下記の記事をご覧になってください。

▼関連記事▼

>>鍵のかかった部屋の見逃し動画を無料で1話~全話視聴できるサイト!

 

スポンサーリンク

まとめ

介護サービス会社の社長から、表沙汰にしたくない襲撃事件の調査を依頼された芹沢と青砥。

防犯の強化を依頼された榎本は、社長が殺されているという事件に遭遇します。

フロア内を出たものは居らず、密室だった。襲撃事件を調査して“社長が起こした自作自演”だと推理した榎本だったが、過去に社長とのトラブルがあった事が判明します。

そのトラブルが原因で、社長を殺したのでは?と疑われ、連行される榎本。その背後で、ニヤリと笑う窓の清掃員の姿がありました。

さて、次回はとうとう『鍵のかかった部屋』の最終回。見逃せませんよ!

スポンサーリンク

-【ドラマ】鍵のかかった部屋
-, , , , ,

Copyright© ドラオル! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.