『ドラマのオール(=すべて)』と、出演する芸能人の情報をお届けします。

ドラオル!

【ドラマ】警視庁捜査一課9係season1

警視庁捜査一課9係season1第3話のネタバレ・あらすじ・感想!国土交通大臣を取り巻く陰謀とは?

投稿日:

『警視庁捜査一課9係season1』第3話のネタバレ・あらすじ・感想についてまとめてみました♪

 

2006年から2017年にかけて放送していた、長年に渡り大人気の刑事ドラマシリーズ『警視庁捜査一課9係』。

 

シーズン12の第1話までは渡瀬恒彦さんが主演を務めていましたが、同シーズン第2話以降はシリーズ1第1話から出演しているV6の井ノ原快彦さんが主役を引き継ぎ、井ノ原さん演じる浅輪にスポットを当てた新ストーリーに移行しています。

 

そして、2020年春からは『警視庁捜査一課9係』の世界線を引き継いだ続編シリーズ『特捜9』のシーズン3の放送が予定されています!

 

第3話マドンナ狙撃」では政界のジャンヌダルクとも評される時の女性政治家・代々木順子が何者かに狙撃され、SPとして護衛に当たっていた警備部の舟橋明彦が代々木を庇い亡くなってしまいます。

 

代々木の天敵とされていた国土交通大臣・黒岩重蔵をはじめ政界の人間や財界人の陰謀を疑い捜査する9係ですが、加納がさり気なく残したヒントから狙われていたのは最初から舟橋であった事に気付き…?

 

気になる9係3人の私生活はどうなる?亡くなった舟橋と代々木の関係は?加納は今回どこに注目して事件を解決していくのでしょうか?

 

詳しく見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

警視庁捜査一課9係season1第3話のネタバレ!

浅輪は調子よく笑いながら、倫子の店でたくさんのケーキを買っていました。先日までとは打って変わって浅輪を冷たい態度であしらう倫子。

 

倫子は浅輪が父である加納の部下であり、刑事であることを知って浅輪のことを拒絶するようになっていました。きちんと話したいと懇願する浅輪ですが、気の強い倫子は全く受け入れません。

 

結局追い返されてしまい、大量のケーキを隠しながら出勤すると件の加納がのんびりしています。

 

加納の顔を見るなり溜息をつく浅輪に、追い打ちをかけるように彼女の有無や女性のタイプについて聞いてくる加納。浅輪もつい怒ったような態度になってしまいました。

 

加納が聞いていたのはちょうどテレビ中継で演説をしていた衆議院議員・代々木順子についてでしたが、二人がテレビを観ていたまさにその時、テレビの向こう側の現場で事件が起こります。

 

代々木が何者かに狙われ狙撃を受け、SPとして護衛に当たっていた警視庁警備部警護課に所属する警察官・舟橋明彦が代々木を庇い亡くなりました。

 

急いで現場に向かう浅輪。加納は、テレビの中で撃たれた舟橋に泣きすがる代々木の姿をじっと見つめていました。

 

***

 

9係の面々が現場に駆け付けると、時の人である代々木に関連する事件とあってマスコミを含めたかなりの数の人間が現場に駆け付けていました。

 

代々木は女性議員にして新党設立を目標に掲げ、強気でものを言い世間の注目度も高まっている政治家です。事件が起こった時に行っていた演説も新党設立を主張するためのものでした。

 

狙撃手がいたとされる場所を調べる村瀬・小宮山ペア。発砲された2発とも狙いの代々木を外してしまっているとはいえ、そこから現場まではまず素人では狙撃は無理だと思われる距離がありました

 

代々木は政治家系の生まれで、同じ党派の人間でも容赦なく不正を追及することで知られており、最近では同じ神戸出身の国土交通省大臣・黒岩重蔵の献金疑惑を追及し、その騒動は方々を巻き込む大きなものに発展しています。

 

そんな彼女を面白く思わない人間は多く、嫌がらせは日常茶飯事だったらしいと話す小宮山。その延長である可能性を視野に入れ不正を追及された人間のデータを調べ始めます。

 

9係メンバーが忙しくしている中でも相変わらずな調子で何をしているのかわからない加納の様子に、浅輪は不安を覚え青柳に半分文句のような言いようで質問しました。

 

新人は皆加納のマイペースさについて行けず辞めてしまうのに、何故青柳たちは残っているのか?という浅輪の質問に、どうしてだろうね?と意味あり気に返す青柳。

 

さらに掘り下げたがる浅輪でしたが、ちょうど9係に電話が入り会話はそこで打ち止めとなってしまいました。

 

***

 

財界人の調査を担当することにした村瀬・小宮山ペア。鳴り続ける小宮山の携帯電話を朝から気にしていた村瀬がついに小宮山に尋ねると、小宮山は恋人から警察を辞めるという条件付きでプロポーズをされていると打ち明けます。

 

小宮山はまだ返事をしておらず、そのせいで恋人からしつこく電話がかかって来ていたのでした。プロポーズと聞いて動揺しつつも小宮山を祝福し、しかし仕事に理解があると小宮山からは聞いていたために話が違うと憤る村瀬。

 

二人が話をしている最中、そんな村瀬の元にも先日怒らせてしまい破局したかと思われていたつかさが会いに来ました。

 

つかさは村瀬と一緒になれなかったら死ぬと言って父親を説得し、婚約の許可をもらってきたと言います。

 

困る村瀬を他所につかさは一人盛り上がっており、自分の地位のための交際だったとしても村瀬のことが好きだから構わないと告げて去っていきました。

 

一方、献金疑惑を厳しく追及してきた代々木の天敵とされる黒岩のところへ向かった青柳・矢沢ペアは、黒岩から意味深な言葉を聞きます。

 

黒岩は代々木を狙った疑いが自分にかかっていることを聞いても嘲笑するばかりで、代々木は自分に本気で逆らうほど愚かな人間ではない、日頃糾弾しているのはただのパフォーマンスであり、いざとなれば簡単に踏みつぶすことが出来る脅威ではない存在だと言うのです。

 

代々木本人の話を聞きに向かっているはずの加納・浅輪ペアでしたが、浅輪が加納に指示されるまま車を走らせると、到着した先は本屋でした。加納が購入したのは草花に関する図鑑。浅輪には加納の意図が全くわかりませんでした。

 

加納たちは本屋へ寄った後に代々木の事務所で代々木から話を聞きますが、代々木の強い希望により多数の報道陣に囲まれながら、国民に会話の内容が伝わる形での調査となりました。

 

そして、代々木は自分を守り正義を貫いて死んだ舟橋のためにも、不正を許さず正義を守っていくと熱弁するのでした。

 

***

 

代々木の報道をテレビで観つつ先ほど買った図鑑を読んでいる加納の様子に、浅輪はまたしても皆が頑張っている時に何をやっているのかと怒っていました。代々木の熱弁にすっかり感動し影響された浅輪は、代々木のことを「先生」とまで呼び始めています。

 

そんな浅輪の様子に何故怒っているのかと尋ねつつも、どちらもやめるつもりはない加納。あまり熱くなると目が曇ると指摘され、浅輪はさらに頭を抱えるのでした。

 

そんな中、続々とオフィスに戻ってきた9係のメンバーは各自集めてきた情報の整理を始めます。

 

村瀬たちが当たった財界人たちとは代々木は癒着を断ち切られていて、というのも代々木の第一秘書だった植松敬三の方針で親の代から続く財界との癒着を断ち切り、代々木にクリーンなイメージを作っていました

 

植松は過労による心不全で半年前に亡くなっており、代々木とは大学の同期で政治家を目指せる立場でありながら彼女を支え尽くしその生涯を終えていました。

 

矢沢が黒岩から掴んだ意味深な証言を報告しようとしたところ、青柳はこっちで調べていると言って頑なに村瀬への報告を止めようとします。

 

結局矢沢は報告するのですが、青柳の態度に村瀬も「大先輩」と嫌味を返し、いがみ合う二人はいつも以上にヒートアップしてしまいました。

 

その日の帰り道、浅輪の運転で青柳と矢沢を自宅まで送っている途中も青柳は終始村瀬の悪口を言っていました。

 

青柳が車を降りた後、浅輪が青柳が村瀬を目の敵にする理由を矢沢に聞くと、矢沢は自分よりも年下の村瀬が先に出世したからだと話します。あわせて浅輪に誤解しないようにと、以前と同様青柳のことを「悪い人じゃない」と続けました。

 

一方、自宅よりも手前で車を降りた青柳は、とあるクラブで歌う女性を特別な眼差しで見つめながらその歌声を聴いていました。

 

***

 

翌日、未だ図鑑を開き熱心に読み続けている加納にまたもや溜息を付く浅輪。加納は昼飯に行くと言ってオフィスを出て行き様に、テレビで流していた映像をスロー再生モードにしていきます。

 

テレビが付けっぱなしのままになっている事に文句を言いながらテレビを消そうとした浅輪ですが、ふと画面を観てある異変に気付きました。

 

ちょうど戻ってきた9係メンバーに映像の違和感を伝えると、青柳たちは映像を見直し浅輪の気付いた異変とは別のおかしい点を口々にします。

 

舟橋が撃たれた後、そして代々木がすがりついている間にも、狙おうと思えばいくらでも打ていたはずの状況で狙撃はありませんでした

 

9係は狙撃手の狙いが代々木ではなく最初から舟橋であった可能性に気付き、舟橋について調べることにします。

 

浅輪が気付いたのは、狙撃直前まで舟橋のスーツの胸ポケットにすずらんの造花が刺さっていたこと、そしてその造花は狙撃後なくなっており、舟橋が撃たれた直後すがりつくようにしていた代々木が手に握りしめたような様子が映っていたことでした。

 

浅輪は現場に落ちていた物の中にすずらんが含まれていないか確認しにいきましたが、現場には落ちていませんでした。

 

さらに、浅輪は担当者から加納も同じことを聞きにやってきたと告げられます。加納は最初から気付いていたのです。

 

加納は先日から熱心に読んでいる図鑑然り、すずらんの特性についてずっと調べていたのでした。

 

***

 

すずらんについて資料室にまで調べに来ていた加納を見つけ、だからと言ってすずらんそのものを調べなくても…と説得しようとする浅輪ですが、加納はすずらんの持つ毒について指摘します。

 

加納が調べたところ、すずらんは毒を持っていて、その毒を大量に接種すると死に至ることもあるといいます。さらに、その症状は半年前に亡くなった代々木の第一秘書・植松の死因にもなった心不全だと言うのです。

 

加納と浅輪は早速植松の死因について植松が入院していた病院へ聞き込みに行きますが、元より心疾患を患っていたために不審なところはなく、すでに亡くなってから半年が過ぎ遺体もないためにこれ以上調べようがないと言われてしまいます。

 

その頃、村瀬たちは舟橋の自宅を調べていました。ポストには大量の請求書が届いており、舟橋がお金に困っていたことは一目瞭然でした。

 

そして村瀬たちは部屋の中から、植松の死亡記事に線が引いてある新聞と、謎の赤い液体の入った小瓶を見つけます。持ち帰って検査にかけた結果、中に入っていたのは何者かの人間の血液でした。

 

青柳たちは舟橋が利用していたらしい闇金業者の事務所に聞き込みに行き、舟橋はその業者だけでなく他の業者も含めて多額の借金をしている状態だったにも関わらず、事件前にその借金を2~3日中に返すと話しており、そのアテは代々木であったことが判ります。

 

舟橋に焦点を当ててから少しづつパズルのピースを揃えることが出来た9係ですが、舟橋が何をネタに代々木を脅していたのかは疑問が残ります。

 

黒岩の意味深な発言を元に矢沢が調査をした結果、これまで不正を暴き批判してきたにも関わらず、代々木自身も資金繰りのため黒岩と同じような不正を行っていたことが関係者からの話で判りました。

 

しかし、警察にまで簡単に漏れているこのような情報を知られて脅されたからといって代々木が殺害までするとは思えません。

 

決め手に欠けると悩む4人のところへちょうど帰ってきた加納・浅輪。矢沢はなんとなしに先日浅輪がなくなったと言っていたすずらんの行方を聞きました。

 

浅輪は加納からヒントを得て気が付いた、造花は恐らく代々木が持って行ったこと、すずらんの毒と植松の死に何か因果があるかもしれないこと、病院では調べられずその証拠がないことを話します。

 

それを聞いた4人は全員ピンと来たような様子で忙しく動き出します。どうやらパズルが完成したようです。

 

植松毒殺の証拠がまさに舟橋の家から見つかった血液であり、舟橋の胸元のすずらんは毒殺の象徴として使われ、だからこそ代々木はあの場で持ち去ったのです。

 

病院からの帰り際では植松の死とすずらんと今回の事件の関係がイマイチ掴めず、自信がなさそうに加納にそう話していた浅輪でしたが、先輩たちからは今回もお手柄だと褒められるに至るのでした。

 

***

 

浅輪は代々木の事務所へ出向き、舟橋の遺品整理を担当している中で預かっているものがあると嘘を付き、舟橋の自宅へ呼び出します。

 

舟橋の自宅で浅輪が別室へ移動した隙に、おもむろに置かれていた赤い液体の入った小瓶をポケットにしまった代々木。まんまと9係の罠にかかりました。

 

浅輪の言及を合図に加納以外の9係全員が代々木を取り囲み、事実を暴いていきます。

 

狙撃手を雇って舟橋を狙撃したのはやはり代々木でした。そして、半年前に心労で入院した植松を殺害したのも彼女でした。代々木が隠したかったのは、植松殺しの件だったのでした。

 

植松が心労で入院し心疾患を患っていたのは本当で、代々木は度々お見舞いに通いその都度すずらんから抽出した毒を飲ませ、中毒症で殺害していました。

 

護衛として同行していた舟橋は代々木の行動に気付き、植松が亡くなった直後遺体から血液を抜き取り、金のために脅し道具として使っていました。血液を調べた結果、植松のものである上にすずらんの毒が含まれたものであることも判りました。

 

不自然な舟橋の胸ポケットの造花はさらに代々木を追い詰めるための道具で、代々木が口止め料として金を払うまでここに付けておくとした脅迫の象徴でした。

 

そして、自分が狙われたふりをして雇った狙撃手に舟橋を殺させ、脅威が死ぬ上に美談にもなって代々木にとっては一石二鳥の事件となったのでした。

 

***

 

植松は代々木の秘書であり、恋人でもありました。代々木は念願である新党設立のために必要な資金繰りのため、汚い金や力を利用することを望んでいましたが、植松はそれを許さずクリーンであり続けることを彼女に求めました。

 

拒んだ場合に警察へ全ての不正を公表するとまで言われ、彼を好きだったからこそ殺したが後悔していると泣き出す代々木。

 

しかしそんな代々木の取り調べをしていた加納は、嘘泣きはやめましょうと冷たく返します。

 

狙撃種を用意させたのも暴力団から唆されたのではなく、代々木個人がやったことであることも判っていました。これもまた全て、代々木のパフォーマンスだったのです。

 

「嘘だらけの人生から抜け出してひとつくらい良いことしたら?」と言って去っていく加納に代々木はそれまでと180度態度を変えてひどい暴言で罵りますが、加納は冷たく笑って部屋を後にするのでした。

 

村瀬と小宮山はお互いの恋人との件について未だ悩みは尽きず、お互いに触れないようにしようと決めますが言った傍から二人の電話が鳴るのでした。

 

村瀬にはつかさから「手首を切った」という謎の電話が入り、村瀬は急いでその場から走り出していきました。

 

一方で青柳が自宅に帰ると、同棲中の恋人らしい女性が出迎えました。青柳が先日立ち寄っていたクラブで歌っていた女性でした。

 

ニュースで警察官が死んだと聞いて心配していたと甘える女性に、大丈夫だからと優しく宥める青柳。女性の腕には注射の痕のような古傷があり、青柳はそっと服の袖で隠してやるのでした。

 

浅輪はというと、懲りずに倫子の店を訪ね大量のケーキを買っていました。加納はただものではないと思うと言い、中を取り持つのは大変だなぁとぼやきつつもちゃっかり3人の将来のこととして話し始める浅輪。

 

相変わらず追い返し突っぱねられてしまいますが、浅輪の憎めない話に乗せられそうになり、やはり好ましく思っている様子の倫子でした。

 

スポンサーリンク

警視庁捜査一課9係season1第3話あらすじ

第3話 警視庁捜査一課9係「マドンナ狙撃」
放送日:2006年5月3日 テレビ朝日

与党の議員・順子(渡辺梓)が狙撃された。順子のSP・舟橋(金井茂)は順子をかばって撃たれ、絶命する。加納(渡瀬恒彦)は、舟橋の胸元にあったすずらんの造花が死後消えたことに注目。そんな中、マスコミは順子に献金疑惑を追及された議員・黒岩(勝部演之)が狙撃を指示したのではないかと報道。青柳(吹越満)らは黒岩の身元を調査することに。

(引用:『ザ・テレビジョン』

また、以下の記事で、『警視庁捜査一課9係』season1の第3話を無料視聴する方法をまとめています。

>>警視庁捜査一課9係の見逃し動画を無料で1話~全話視聴できるサイト!【season1~12】

 

スポンサーリンク

警視庁捜査一課9係season1第3話感想

1~2話では2話分かけての壮大な事件で続きが気になって仕方がないモヤモヤがあったものですが、今回は1話完結だったので観終わった後にとてもすっきり出来ました。

 

特に、それぞれが持ち寄った情報を元に事件の全体像が見え始めたその時、最後に浅輪の持ち帰ったすずらんの話でぴったりとハマったところは爽快でしたね…!

 

話を聞くなりちゃっちゃか動き出す9係の先輩たち、かっこよすぎます。聞き込みや取り調べ、張り込みなど様々なお仕事がある刑事さんたちですが、そのどのシチュエーションでも個性が強すぎるメンバーの個性がそれぞれしっかり表れていて面白いです。

 

加納さんは変人とかおっさんとか言われたい放題で実際に風変りな人物でもありますが、浅輪の「なんで皆9係に残っているのか?」の問いに青柳が意味ありげに答えているところがとても好きです。それが村瀬でも矢沢でもなく青柳なのがまた良い!

 

青柳と言えばまさかの私生活での甘い顔が見られました。クラブ歌手の美人な女性が待っているとは…!

 

何やら過去に訳アリっぽいですが、現在は幸せそうな二人なので良かったです。しかし青柳さん。外でのキャラがああいう感じなので本当に意外です。絶対に村瀬には見られたくない顔でしょうね。笑

 

小宮山のことが気になっているのでは?と思う様子の村瀬でしたが、結局二人はそれぞれの恋人との関係は続いていきそうでした。そのうち何か転機が訪れるのでしょうか。

 

浅輪と倫子には進展はあまりなかったものの、何度も倫子の店に通って甘いものが苦手なのにケーキをたくさん買ったり、どんどん話しかけて憎めない感じの浅輪が好印象でした。

 

今回も9係の私生活に事件解決に奔走する姿に目が離せませんでした!

 

スポンサーリンク

まとめ

『警視庁捜査一課9係 シーズン1』第3話では、狙われた代々木を助け舟橋が亡くなったかのように見えた事件は実際には代々木の陰謀で、代々木自身が狙撃手を雇い舟橋を殺すよう命じていました。

 

代々木は秘書で恋人であった植松を自分の野望を邪魔されないためにすずらんの毒を使って殺し、そのことを舟橋に脅されて舟橋をも殺害したのでした。

 

舟橋が胸に造花を付けていたこと、造花のすずらんが突然なくなったことに違和感を覚えた加納が、すずらんの毒が植松の死因を引き起こす作用があると突き止めていました。

 

そして、加納がさり気なく与えたヒントから浅輪は造花のすずらんがなくなっていることに気が付き、同じヒントから他9係のメンバーは狙いが代々木ではなく最初から舟橋だったことに気が付き、それぞれの情報を元に真実にたどり着きました。

 

私生活では村瀬は恋人から再アプローチされ、小宮山はプロポーズの返事を保留にしたままで恋人から決断を迫られており、浅輪は加納の部下であり刑事であるという理由から倫子に拒絶されてしまいました。

 

初めて私生活が明かされた青柳は、美しいクラブ歌手の女性と同棲しているようで、その女性の腕に注射の痕のようなものがあることから少し訳アリの過去がありそうです。

 

次回第4話も見逃せません♪

※この記事のトップ画像は、『Amazon』から引用させていただきました。

スポンサーリンク

-【ドラマ】警視庁捜査一課9係season1
-, , , , ,

Copyright© ドラオル! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.