『ドラマのオール(=すべて)』と、出演する芸能人の情報をお届けします。

ドラオル!

【ドラマ】エール(朝ドラ)

エール(朝ドラ)51話ネタバレ・あらすじ・感想!校歌を作り福島に帰った裕一の心境は?

更新日:

(画像引用元:Amazon)

朝ドラ『エール』第51話(第11週)のネタバレ・あらすじ・感想をまとめてみました♪

娘・花が生まれてデレデレっぷりを見せる裕一は、喫茶バンブーでも娘の話ばかりしていました。

そんな裕一にハッパをかけて仕事をさせる音ですが、故郷の藤堂先生から小学校の校歌を作る依頼が来て、さらに。

母・まさからの帰ってきてほしいという手紙が届きます。

故郷を捨てて東京に出てきた裕一ですが、周りの人たち、さらに音からも背中を押されて、とうとう福島に帰ることになりました。

今回のエールは、2020年6月8日(金)に放送された、11週目50話のネタバレです。

 

スポンサーリンク

エール(朝ドラ)51話のネタバレ!【11週目】

娘の花が生まれて、早4か月がたちました。

娘への溺愛っぷりがすごい裕一と、対照的に少々お疲れ気味の音。

船頭可愛いやの大ヒットで、悠々自適な生活を送れるようになった裕一。

ですが、音は溺愛っぷりになっている裕一に、締め切りが近いのでは?廿日市にせっつかれても知らんよ、と言います。

裕一は仕方なしに仕事を始めますが、いつもの喫茶バンブーではなく自宅・・。

思い描いていた曲が出てこない裕一は、とりあえず喫茶バンブーに行きますが・・・子供・花の溺愛っぷりを宣伝する始末・・・。

そんなときに、喫茶バンブーのマスターから、常連さんから船頭可愛いやのファンだという方を紹介されて、話がはずみます。

しかし、曲のことよりも、娘の溺愛っぷりを語りますが、両親に見せてあげないとと言われてしまい・・・。

帰ってきた裕一ですが、音に暗い顔をして、と見抜かれてしまいます。

両親に孫を見せないとと、言われたことを話す裕一ですが、恩師・藤堂先生からの手紙が来ていることを音は伝えます。

船頭可愛いやの大ヒットのこと、さらに福島にある小学校で新しい校歌ができること、それを裕一に作曲してほしいという依頼でした。

裕一は自分でいいのかな?といいますが、裕一にしか作れないものがある・恩人の藤堂瀬先生のお願いを断るなんてバチがあたるという音。

二人で曲を作り上げた裕一と音の元に・・・新しく手紙・・藤堂先生からのものが届きます。

大変すばらしい曲だったこと、教師一同も喜んでいること、曲の感謝パーティーをしたいということ・・・。

さらに、裕一の母・まさからの手紙も届いていました。

藤堂先生から小学校の校歌を作ったことを聞いた母は、福島の実家にも来ないか?というお手紙を。

裕一は、音にもうながされますが、屋台で下駄屋の松子にからまれていました。

環のおかげで売れたのは事実ですが・・・鉄男はまだヒットしないと愚痴り、作詞が悪いからだと言われてしまいます。

そこに木枯がやってきて、実家に帰ることはあるか?と裕一は聞いてしまいます。

家を捨ててきた身の木枯ですが、夜になると母の芋の煮っころがしが食べたくなるといいい、松子と鉄男も母やばあちゃんのことを話します。

帰りたいのに帰れない、男のやせ我慢・・・と木枯に歌われてしまい・・・。

「おめえが捨てたって、俺は見捨てねえ・・。」父の言葉。

「兄ちゃんががいったらどうするの?」弟の言葉。

「ここにいて、そばにいて・・・」母の言葉。

家族たちの言葉が脳裏に浮かぶ裕一ですが、どんな顔していけばいいのか、もう少し考えさせて、と音にいう裕一。

夜に花の顔をなでながら物思いにふける裕一。

そして、福島のことなんだけど、このままというわけにはいかないとおもう、花が大きくなったときに、父さんの故郷は福島なんだぞ、と胸を張っていいたいとこぼします。

音は、早くにお父さんを亡くしたこと、そして裕一が両親に恩返しができたらいいな、と言います。

そして、とうとう決心を固めた裕一と音は故郷に帰りました。

福島についた裕一は、旅館の一同から手厚く迎えられ、藤堂先生からも歓迎されました・・。

 

スポンサーリンク

エール(朝ドラ)51話のあらすじ 

【連続テレビ小説】エール(51)「家族のうた」
2020年6月8日(月) 8時00分~8時15分 の放送内容

娘が生まれて幸せいっぱいの裕一(窪田正孝)、一方の音は育児に追われて疲れ気味。そんななか、福島の恩師藤堂先生(森山直太朗)から、小学校の校歌作曲の依頼が届く。

娘の華が生まれて4か月。音(二階堂ふみ)は炊事洗濯や育児に追われるが、裕一(窪田正孝)は作曲よりも娘に夢中の毎日。作曲のために出かけた喫茶バンブーでも、裕一は仕事そっちのけで、保(野間口徹)や恵(仲里依紗)、お客さん相手に娘のかわいさを自慢する始末…。そんなある日、恩師の藤堂先生(森山直太朗)から福島の小学校の校歌を作曲して欲しいという手紙が届く。裕一は音に励まされ曲をつくるのだが…。

出演者
窪田正孝,二階堂ふみ,中村蒼,山崎育三郎,森山直太朗,仲里依紗,野間口徹,野田洋次郎,井上希美,

(引用:Yahoo!テレビ番組表)

また、『エール』51話を無料視聴する方法を、以下の記事にまとめています。

>>エール(朝ドラ)の見逃し動画を無料で1話~全話視聴できるサイトまとめ!

 

スポンサーリンク

エール(朝ドラ)51話の感想

故郷の校歌を作るなんて親孝行ですよね・・・。

あっとういうまに校歌を作ってしまった裕一・音ですが、胸を張って帰っていいのでは、と思ってしまいました。

確かに、もう一生帰らないというような勢いで飛び出してきてしまった裕一ですが、それでも心配しているのが親というもの。

父の言葉、「おめえが捨てたって、俺はお前を見捨てねえ」という言葉は、ものすごくぐっときますよね・・・。

音は早くにお父さんを亡くしていますし、まだ両親が存命のうちに、ちゃんと故郷に帰えることができて、よかったなと素直に思います。

「あのとき帰っておけばよかった」「死ぬ前に一目会っておけばよかった」と、後悔する前に行動しておくのは、本当に大切だと思います。

『エール』51話を視聴した、世間の感想も見てみましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

とうとう福島の実家に帰ることになった裕一。

音と娘・花を連れての帰郷で、裕一の家族のみなさんと、どういった雰囲気になるのでしょうか?

さて、次回は2020年6月9日(火)朝8時から放送です。

お見逃しなく!

スポンサーリンク

-【ドラマ】エール(朝ドラ)
-, , , , , ,

Copyright© ドラオル! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.