『ドラマのオール(=すべて)』と、出演する芸能人の情報をお届けします。

ドラオル!

【ドラマ】エール(朝ドラ)

エール(朝ドラ)1週目1話ネタバレ・あらすじ・感想まとめ!衝撃のオープニングと素敵な夫婦!

更新日:

(画像引用元:Amazon)

『エール(朝ドラ)』1週目1話のネタバレ・あらすじ・感想について、まとめてみました♪

2020年3月30日の放送の今回は、記念すべき、『エール』の1話目です!

かなり驚きのオープニングで、今までにない展開だったので、正直びっくりしました(笑)。

ですが、窪田正孝さんと二階堂ふみさんの演じる夫婦は、とてもいい感じになるような期待を持たせてくれる1話でしたね、

さっそく見ていきましょう♪

 

スポンサーリンク

エール(朝ドラ)1週目1話ネタバレ!【3月30日放送分】

激動の昭和の時代になるまでに―――。

*紀元前1万前。

一人の男性が、川で魚をとっていました。女性が近づき、肩を叩きます。

古来から音楽は素敵なもので、二人は音楽を愛していました。

大きな噴火が、二人を襲います。

楽しそうに二人は逃げます。音楽は二人を盛り上げて踊りますが、魚は川に飛んで行ってしまいました―――。

映画の中、テニスの試合、音楽は折れかけた心を奮い立たせてくれます。

音楽は、ときに、現実逃避の手助けも。恋人との写真に火を。

*そして、現代。

窪田正孝さんが路上で急に踊りだします。フラッシュモブというやつですね♪

人生の一大決心をかけた、大勝負のために―――。

このドラマは、音楽をめぐる二人の物語。

そして、指輪を渡す窪田正孝さん。膝まづいて。プロポーズの瞬間です。

しかし、二階堂ふみさんの答えは「私、彼氏いるの。これかもいい友達でいましょう」

みんなから笑われる窪田正孝さん。

ときは東京オリンピック。

一人の音楽家に、大きな重責が。

窓辺へ近づく裕一は、妻・音が歌う声に誘われて、再び机につき、じっと一点を見つめて、楽譜を書き出します。

鉛筆が力強くメロディーを書き出し、五輪のマークが浮かびました。

「東京オリンピック開催―――と聖火リレー」

最後の楽譜ができたのです。

*小学校。

教室でテレビをつけるのに手間取る先生に、教頭が話す。

「校歌をつくったのは、うちの出身の先生だ」

いよいよ、東京オリンピック開会式が始まります。

*墓参り。

手を合わせる一人の男性が静かに報告します。

「いじめられっこの裕一が、ついにやりましたよ」

お墓には、「藤堂家」の文字が。

しかし、その肝心な裕一は・・。

*トイレ。

裕一は鏡の前で、「大丈夫、きっとうまくいく」と自分を鼓舞します。

「東京オリンピックは他のものと違う。日本が戦後復興した証だ。古山先生は、どうか、日本に恥じない音楽を―」

しかし裕一は、トイレでもどしかけていました・・・。

妻・音は夫を探していました。「あと7分で開会式なのに・・・」

地下の関係者専用トイレで、見事裕一を発見し、そして裕一を開会式に連れ出そうとします。

「あなたの曲を、世界中の人が聴くのよ。ずっと、夢だったじゃない。よし、行こう」

「いや、だめだって―――」

二人はつかみ合います。

音は必至の形相で・・・・裕一を励まします。

踏ん切りがつかない裕一の元に、一人のオリンピックの関係者がやってきました。

「私は長崎出身です。原爆ですべてを失ったのに、先生の曲で勇気づけられました。どうか、先生の曲を会場に届けてください」

その言葉に、裕一は励まされました。

「ありがとう。行きます!」

裕一は音を引き連れて、「よか夫婦だ」と送り出されました。

「いよいよね」
「ああ」

二人は手をつなぎ、音はにっこり笑い、裕一は力強く前を見ました。

二人がこんな夫婦にまでは、大きな物語があったのです。

*すべては福島の呉服屋から始まりました・・・。

「生まれたぞー生まれたぞー」

父・三郎が叫んで町を走り回ります。よほど、うれしかったのでしょう。

「旦那様、走り回ってますね・・・」

母・まさも無事に子供を産んだ安堵か、やすらかな表情です。

裕一が生まれたのです。のちに偉大な音楽家になる人が―――。

 

スポンサーリンク

エール(朝ドラ)1週目1話あらすじ!

激動の昭和という時代、音楽の力で人と人とを結んで勇気づけたある夫婦の物語。昭和39年、10月10日、東京オリンピック開会式の日。聖火ランナーが東京の街を走り、国立競技場でまもなく開会式がはじまろうという時、会場に来ていた古山裕一(窪田正孝)が姿を隠してしまう。あわてて裕一を探しまわる妻の音(二階堂ふみ)。裕一は、自分が作曲した開会式の音楽を皆が受け入れてくれるか不安だったのだが、その時…

(引用:NHKプラス)

 

スポンサーリンク

エール(朝ドラ)1週目1話感想

『エール(朝ドラ)』1週目1話の感想は、かなり意表をつく構成だったように思います♪

最初の原始時代で、窪田正孝さんと二階堂ふみさんが、ウホウホ言いながら、アニメ『はじめ人間ゴン』的な感じで会話(?)していたのは、なんか可愛かったです。

そして、東京オリンピックの開会式に窪田正孝さん演じる古山裕一が、緊張で出られなかったときに、

二階堂ふみさん演じる音(おと)が、非常に力強い目つきで「あなたの音楽が世界中の人に届くのよ。ずっと夢だったじゃない」と訴えたシーンが、とてもいいなあ!と感じました。

音楽家としては天才的でしたが、小さな頃はいじめられっこで気の優しいい裕一が、開会式の曲を作れたのは、この強い妻・音がいてくれたからなのかな、とぼんやり想像しました。

夫婦って、「バランスがとれていないとダメだよね」とつねづね思いますが、この夫婦って、とてもバランスのよい関係がとれているのではないか、と。

2話も十分に期待できる、そんな『エール』の始まりでした♪

『エール』の1話への世間の声は、やはり朝ドラはいいな!と思った方がいましたね♪

その一方で、オープニングに驚いた方が多数いらっしゃいました。

確かに、今までのNHK朝ドラとはかなり違った演出でしたしね・・・(苦笑)。

 

スポンサーリンク

エール(朝ドラ)1週目1話+全話のフル動画を無料視聴する方法!

『エール(朝ドラ)』は『U-NEXT』で、フル動画の視聴が視聴可能です!

『U-NEXT』は国内最大手のVOD配信サービス。

見放題の動画配信数「140,000本」はダントツで国内ナンバー1!!

過去のNHK朝ドラはもちろん、国内ドラマやアニメ(ディズニー含む)、映画(最新作から過去の名作まで)が充実しています。

70誌以上の雑誌が見放題で、電子書籍(マンガ)にも使える毎月1200ポイント付与で、新作動画のレンタルも可能。

30,000本以上の成人向けコンテンツも見放題。

高画質(フルHD・1080p)にも対応しているので、映像のキレイさも圧倒的。

ダウンロード保存も可能ですし、最大4人まで視聴可能なので、家族みんなで楽しめます♪

初回31日間は無料お試し期間加入して31日以内に解約すれば、料金は一切かかりません!

『エール』を『U-NEXT(ユーネクスト)』で無料視聴する方法については、下記の記事をご覧になってください。

▼関連記事▼

>>エール(朝ドラ)の見逃し動画を無料で1話~全話視聴できるサイトまとめ!

 

スポンサーリンク

まとめ:エール(朝ドラ)1週目1話ネタバレ・あらすじ・感想まとめ!エール(朝ドラ)1週目1話ネタバレ・あらすじ・感想まとめ!衝撃のオープニングと素敵な夫婦!

エール(朝ドラ)1週目1話ネタバレ・あらすじ・感想まとめについて、まとめてみました。

次回が非常に楽しみになりました。作曲家・裕一の子供の頃はどんな感じだったのでしょうね?

スポンサーリンク

-【ドラマ】エール(朝ドラ)
-, , , , , ,

Copyright© ドラオル! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.