『ドラマのオール(=すべて)』と、出演する芸能人の情報をお届けします。

ドラオル!

【ドラマ】エール(朝ドラ)

エール(朝ドラ)52話ネタバレ・あらすじ・感想!裕一の凱旋帰郷と三郎の病魔の影・・

更新日:

(画像引用元:Amazon)

朝ドラ『エール』第52話(第11週)のネタバレ・あらすじ・感想をまとめてみました♪

思い立って、故郷・福島に帰る決心をした裕一。

音と生まれたばかりの華を連れて、福島の小学校での校歌お披露目会、そして両親、三郎・まさの元に行く裕一たち。

呉服屋『喜多一』をしめたこと、弟が役場で朝から晩まで働きづめであること、そして銀行の面々も新しい職場でがんばっていることなど、新事実が次々発覚します。

そして、父・三郎に病魔の影が迫ってきている予感が・・・。

さっそく見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

エール(朝ドラ)52話のネタバレ!【11週目】

裕一は故郷・福島に帰る決意をし、音にそれを報告しました。

実際に福島に帰った裕一は、『校歌のお披露目会』で、小学校の子供たちが校歌を歌っているところを目にし、聞き、本当によかったと感じました。

藤堂先生が壇上に立ち、裕一の紹介を始めます。

地味でおっちょこちょこいだった裕一。音楽と出会った裕一は、藤堂先生の出会いによって、大きく変わったのです。

裕一はたどたどしくも、誠実で真摯な姿勢で、藤堂先生に得意なことについて教えてもらったこと、ふるさとの景色を思い描きながら作曲したことを報告します。

会が終わったあと、藤堂先生は鉄男・久志の現在のことを聞き、裕一・音から報告を聞きます。

そして、藤堂先生は、銀行のしょう子さんと結婚していたことが判明します。そして、赤ちゃんも生まれること、4度目の結婚でようやく落ち着いたこと。

この後は、裕一は実家に帰り、とうとう『喜多一』の前に立ちます。帰ろう、音を前に出して突入しようとする裕一ですが・・。

華が泣きだした声を聴き、母・まさが出てきました。

裕一・音は頭を下げ、音は華をまさに抱いてもらいます。

そして父・三郎がにぎやかしく出てきました。来るならくるって言ってくれれば、と三郎が言い、そしてまさが秘密にしていたこと、校歌を作曲したことを報告する二人。

風邪ひいたらいけねえといって裕一と音を家に招きますが、『喜多一』は閉めたことに気がつきます。

半年前にしめたこと、どんどん苦労かけるばっかりだったから、と言いますが・・・。

なかなか帰ってこれなかったことをわびる二人ですが、便りがないのが元気な証拠・風のウワサで聞いていたよ、という二人。

弟は役場で朝から夜まで働いていること、そしておじさんは焼き物を始めていること、いつかお茶会をするのが夢だと語ります。

今夜は久しぶりに宴会だ、と言った三郎、前のお店の面々、銀行の面々を呼んで、宴が始まりました。

三郎が船頭可愛いやのレコードをかけて、みんなが手拍子をし、聞き入ります。

裕一!と歓声を浴び、「俺も飲もう!」といって酒を飲みます。

裕一は前の銀行の職場の人たちと話しておりました。鈴木は前のかみさんに逃げられてしまったこと、そして他の人たちはまだ独身だこと、そして人の手に渡って銀行がつぶれてしまったこと、でも信用組合で新しく仕事をしていること、心配はないことを報告します。

楽しそうな雰囲気ではありますが、宴もたけなわ、解散していく面々。

三郎は嬉しそうな表情で、熱燗をつけようとしますが、寄ってきた音の目の前で腹痛を起こしてしまいます。

大丈夫だという三郎ですが・・・。

 

スポンサーリンク

エール(朝ドラ)52話のあらすじ 

【連続テレビ小説】エール(52)「家族のうた」
2020年6月9日(火) 8時00分~8時15分 の放送内容

福島に戻った裕一(窪田正孝)は、恩師の藤堂先生(森山直太朗)と再会。そして、校歌の披露を終えたのち、久しぶりに実家を訪れ、父三郎(唐沢寿明)らと再会する。

番組内容
藤堂先生(森山直太朗)から校歌完成披露会の誘いを受けて、裕一(窪田正孝)は音(二階堂ふみ)と華を連れて、久しぶりに福島に帰ってくる。子どもたちが元気に校歌を歌う姿を見て、裕一は作曲のお願いを引き受けてよかったと喜び、藤堂先生に得意なものを教えてもらったからこそ今の自分があるとあらためて感謝する。披露会の後、裕一は久しぶりに実家を訪れ、父三郎(唐沢寿明)や、母のまさ(菊池桃子)と再会を果たす。

出演者
窪田正孝,二階堂ふみ,唐沢寿明,菊池桃子,風間杜夫,森山直太朗,菅原大吉,大津尋葵,相島一之,松尾諭,望月歩,堀内敬子,

(引用:Yahoo!テレビ番組表)

また、『エール』52話を無料視聴する方法を、以下の記事にまとめています。

>>エール(朝ドラ)の見逃し動画を無料で1話~全話視聴できるサイトまとめ!

 

スポンサーリンク

エール(朝ドラ)52話の感想

裕一の凱旋帰郷、無事に終わって何よりでした。

裕一の校歌発表会での藤堂先生の言葉についてのスピーチは、やっぱりうるっとくるものがありましたね。

藤堂先生の言葉がなかったら今の僕はなかった・・まさにそのとおりでしょうし、「人よりちょっとだけ得意なこと、人よりちょっとだけ楽にできること」を信じて実践し続けた結果が、今の裕一を作っていると思います。

いやあ、いい先生に出会えたということが、裕一の宝だと思います!

また、裕一の両親・三郎、まさも元気で健在でよかったですし、変わらず裕一を明るく出迎えてくれて、本当に、素敵なご両親ですよね。

能天気な三郎ですが、ずっと裕一のことを信じて「お前が俺たちを見捨てても、俺はお前を見捨てねえ」と言ったセリフに象徴される三郎の想い、そしていつも裕一をやさしくフォローし続けたまさ。

環境が人を作るとは言いますが、自分を絶対的に信じてくれる味方がいるということは、本当にすばらしいことです。

裕一の才能がつぶされずに、ここまで来れて、本当によかった。

しかし、『喜多一』をしめてしまったこと、弟がずっと働きづめであること、そして三郎の病気の兆候と、不安要素がいくつも見え隠れします。

さて、いったいこれからどうなるのでしょうか・・・。

 

スポンサーリンク

まとめ

三郎の体調、弟がまだ出てこないこと、いろいろと不安要素を残したまま次回へと続いたエール。

さて、明日の『エール』も目が離せないですね・・・。

次回は2020年6月10日(水)朝8時から放送です。

お見逃しなく!

 

スポンサーリンク

-【ドラマ】エール(朝ドラ)
-, , , , , ,

Copyright© ドラオル! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.