『ドラマのオール(=すべて)』と、出演する芸能人の情報をお届けします。

ドラオル!

【ドラマ】エール(朝ドラ)

エール(朝ドラ)63話ネタバレ・あらすじ・感想!久志とライバルの書類選考の結果は?

更新日:

(画像引用元:Amazon)

朝ドラ『エール』第63話(第13週)のネタバレ・あらすじ・感想をまとめてみました♪

 

コロンブスレコードでオーディションに応募する久志!久志よりも裕一が必死!?

 

同じくオーディション目的である懐かしの人物が上京!?その人物と久志の間に火花が散る!?

 

五万といる応募者の中、2人だけの戦いが今、始まる!?裕一と音は2人が悔いなく戦えるよう応援することに。

 

いよいよ書類選考の結果が発表!果たして2人は無事に書類選考通過できるのか!?今話はとてもユーモア溢れるお話しとなっています。

 

そんな今回は2020年6月24日(水)放送の第13週63話についてです。あらすじとネタバレ、感想を含めて書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

エール(朝ドラ)63話のネタバレ!

前回、主人公・古山裕一の幼馴染・久志がようやくオーディションを受けることを決意しました。そんな久志を応援する裕一でしたが…?

 

久志は自分に自信があるあまり、チャンスを掴めずに卒業から4年が経っていました。しかし彼は自分を曲げません。

 

今回の書類選考でも自分を強く押し出していました。履歴書の書き方も、縦書きが一般的なところ欧米の真似をして横書きにしました。

 

証明写真もキメッキメです。そんな久志を応援する裕一は色々と指摘しますが久志は聞く耳を持ちませんでした。

 

**

 

久志を合格させたい裕一は、会社のディレクター・廿日市に探りを入れます。オーディションではどんな人材を探しているのか、と。

 

そんなことを聞く裕一を怪しく思った廿日市は、スパイか!?と疑います。しかし裕一にそんなことができるはずありません。

 

そんな廿日市の横から、秘書・杉山あかねが口を挟みます。オーディションで求めている人材の条件を教えてくれました。

 

顔は坂東妻三郎で知性・品性・たくましさを兼ね備えた3オクターブを難なく出せる天才だ、と。

 

そんな人いますかと驚く裕一をよそに、廿日市は即戦力じゃないと意味がないと言います。それに言葉が出なくなる裕一でした。

 

その条件を裕一の幼馴染・村野鉄男の屋台でシェアします。その条件を聞いた鉄男が、それはまずいな…と零します。

 

そんな心配はいらないという久志ですが、2人は心配でなりません。上には上がいる世の中です。

 

そこへある女性がやってきます。その女性を見た3人は驚きます。なんと、いつしか“船頭可愛いや”を歌った下駄屋の娘・藤丸だったのです。

 

藤丸は当時と打って変わって華やかな着物に身を包んでいました。彼女は芸者になったというのです。

 

コロンブスレコードは、口約束ばかりでレコードを出してくれないと言います。裕一に何とかしてくれないかと言います。

 

そこへ久志が割って入り、自分がデビューした暁にデュエットしようと言います。藤丸は久志の言葉を信じ、久志とならまた頑張れると目を輝かせます。

 

久志は2人で今後の話をしようとウインクし、藤丸を誘います。そんな久志の口車に乗せられ、2人は闇夜に消えて行きました。

 

帰宅した裕一はヒロイン・古山音に久志と藤丸の話をしました。すると音は学生時代の久志を思い出しました。

 

“プリンス”という愛称で呼ばれ、数々の女性をウインクで仕留めてきた久志。そんな央のウインクが危険なことを知っていたからです。

 

音は藤丸のことが心配になりました。一方裕一は、久志のことが心配でした。オーディションに集中して欲しかったのです。

 

明日はしっかり廿日市に売り込みすると言いながら、下手なウインクをして見せる裕一。そんな裕一を冷たい目で見つめる音でした。

 

**

 

裕一は廿日市の元へ、久志を売り込みに行きました。久志の履歴書を見るや否や、縦書き読みずれ~と発する廿日市。

 

それを聞いた裕一はやはり縦書きにするべきだったと久志に言います。しかし久志は読解力の問題だ、と動じませんでした。

 

喫茶店・バンブーでは音が店主達に裕一の話をしていました。自分の作曲をそっちのけにし、久志の為に必死なのだと。

 

それを優しく聞いてくれる店主・梶取恵。裕一の方が必死だねと笑い合っていると…。店に入ってきた客が恵に道を尋ねます。

 

音は恵と客の会話を聞き、何かを感じました。それは、どこか聞き覚えのある声と特徴のある話し方だったのです。

 

怖いものを見るような顔で恐る恐る振り返ると…やはりそうでした。そこには豊橋で歌の講師をしてもらっていた御手洗清太郎がいたのです。

 

御手洗は音を見つけ喜んでいましたが、音の顔は少し引きつっています。御手洗の突然の状況に戸惑っている様子でした。

 

御手洗に状況の理由を聞くと、再び音の顔がこわばります。御手洗はコロンブスレコードのオーディションを受けに来たのでした。

 

さらに、戦略を練るために裕一に話を聞きたいというのです。しかし裕一が久志を応援していることを知っていた音は口を濁します。

 

そこに丁度、裕一と久志が戻ってきました。裕一は御手洗との再会を喜びます。音は御手洗が上京した理由を音に話します。

 

すると裕一は今丁度久志も申し込んできたところだと、久志を紹介したのです。突然のライバルの登場に御手洗も久志も顔が険しくなります。

 

お互いにらみ合って何度も自己紹介をします。御手洗は自分を“スター御手洗”といい、久志は“プリンス佐藤”と言いました。

 

そんな2人の様子に、周りは苦笑いすることしかできませんでした。その日の夜、久志と御手洗は裕一宅の別室で夕飯を食べました。夕飯を食べながら2人はお互いの経歴を探ります。

 

そしてあたかも一騎打ちかのように、お互いにバチバチと闘志を燃やしていました。御手洗の宿泊先を尋ねる音に、御手洗は気まずそうに答えます。

 

財布をすられてしまったので止めて欲しいと言います。そうしてオーディションの期間、御手洗は裕一宅に宿泊することとなりました。

 

**

 

翌朝、裕一は久志を、音は御手洗を応援したい気持ちがあるという話になります。しかし、久志と御手洗が悔いなく戦えるよう応援するという方向でまとまりました。

 

その頃御手洗は2階で朝の運動をしていました。発声練習らしき声が聞こえてくると、2人の娘・華はうるさいなと零します。

 

それを聞いて口をつぐむ2人でした。

 

**

 

書類選考合格発表の朝、裕一と音は玄関先でソワソワと朝刊を待っていました。朝刊に合格者が載っているからです。

 

朝刊が届くとすぐに玄関先で読み始めました。書類選考合格者発表の欄を見つけ、緊張が走ります。

 

そこには久志と御手洗、両方の名前が載っていました。嬉しさのあまり玄関先で抱き合う2人。しかしすぐに我に返り、家の中に入っていきました。

 

裕一と久志、鉄男、藤丸は久志の書類選考通過を祝福しました。そして久志がオーディションで歌う曲を考えます。

 

中々いい曲が思い浮かばず、裕一に探りを入れるよう指示する鉄男でした。

 

**

 

ある朝、御手洗が居間で発声練習をしていると…。久志が対抗して、裕一の書斎の扉を開け発声してきます。

 

それに対し、受けて立つと言わんばかりに発声で返す御手洗。2人は中庭で、対抗心むき出しで睨み合いながら、発声しあうのでした。

 

今回はそんなバチバチの2人を映して終わります。

 

スポンサーリンク

エール(朝ドラ)63話のあらすじ

【連続テレビ小説】エール(63)「スター発掘オーディション!」
2020年6月24日(水) 8時00分~8時15分 の放送内容

久志(山崎育三郎)は、裕一(窪田正孝)のすすめで、「新人歌手募集」のオーディションにむけ準備していた。そこに現れたのは、御手洗先生(古川雄大)だった。

久志(山崎育三郎)は、裕一(窪田正孝)にすすめられた「コロンブス専属新人歌手募集」のオーディションに応募する気満々。トップクラスの成績で音楽学校を卒業したのにもかかわらず、4年たっていまだ歌手としてデビューできていない親友の久志がチャンスをつかむ事ができるように、裕一は作曲そっちのけでおせっかいを焼いていた。そんなある日、音の声楽の先生、御手洗先生(古川雄大)が突然古山家に現れる!

出演者
窪田正孝,二階堂ふみ,古田新太,野間口徹,仲里依紗,中村蒼,山崎育三郎,古川雄大,井上希美,加弥乃,田中乃愛,

(引用:Yahoo!テレビ番組表)

また、『エール』63話を無料視聴する方法を、以下の記事にまとめています。

>>エール(朝ドラ)の見逃し動画を無料で1話~全話視聴できるサイトまとめ!

 

スポンサーリンク

エール(朝ドラ)63話の感想

今話で一番嬉しかったのはなんと言っても御手洗ティーチャーの再登場です!!個人的に御手洗ティーチャーのあのキャラクターが大好きなのです!

 

音が上京してから全然登場していなかったのでそれはもう嬉しくてうれしくて…(笑)。それから、御手洗と久志のバチバチのシーンが最高ですよね!

 

2人の一騎打ちかのような雰囲気で闘志を燃やしていますが、大丈夫でしょうか…(笑)?

 

どちらか一方を選んで応援するのは無理なので、2人とも頑張って欲しいです!果たしてオーディションの結果はどうなるのでしょうか?!

 

そして藤丸の再登場もテンション上がりましたよね?まさか下駄屋の娘から芸者になっているなんて!

 

人生何があるかわかりませんね…(笑)。今話は懐かしの方々が再登場し、とても喜ばしい回でした!

 

そして、御手洗と久志の闘志を燃やすシーンがユーモアに溢れ、楽しい回となりました。

 

スポンサーリンク

まとめ

懐かしの御手洗がオーディションの為に上京しました。そこで久志と出会い、2人ともバチバチと闘志を燃やします。

 

無事に2人とも書類選考を通過し、気になる次のオーディション内容とは…!?果たして誰が合格し、プロデビューできるのでしょうか!?

 

2人の勝負の行方 から目が離せません!そんな次回は2020年6月25日(木)朝8時から放送です!

 

お見逃しなく!

 

 

スポンサーリンク

-【ドラマ】エール(朝ドラ)
-, , , , , ,

Copyright© ドラオル! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.