『ドラマのオール(=すべて)』と、出演する芸能人の情報をお届けします。

ドラオル!

【ドラマ】ハケンの品格(第1期)

ハケンの品格1の第5話ネタバレ・あらすじ・感想!小笠原の大活躍に哀愁・・

更新日:

『ハケンの品格1』第5話のネタバレ・あらすじ・感想についてまとめてみました♪

 

篠原涼子さん主演2007年2月7日放送「お時給インベーダーVSナマコ大先輩」

 

今回も篠原涼子さんと大泉洋さんのテンポのいい掛け合いが最高です。

 

この後も2人は他のドラマ「黄金の豚」でも共演しますがそのベストコンビの始まりがこのハケンの品格だと思います。

 

正社員とは、派遣とは、嘱託とはと色々と考えさせられるお話です。

 

長い間会社を支えてきた小笠原に対する春子と東海林2人それぞれの思いに共感できると思います。

 

スポンサーリンク

ハケンの品格1の第5話ネタバレ!

いきなり大前 春子(篠原涼子さん)は寝ている小笠原 繁(小松 正夫さん)に消しゴムを投げつける。

 

PC扱おうとする小笠原、今まで社内メールすら扱ったことがないと笑って言う。

 

イラッとした春子は今度は大きいクリップや穴あけパンチを投げつけようとする。

全力で止める森 美雪(加藤あいさん)。

 

***

 

霧島 敏郎(松方 弘樹さん)は里中 賢介(小泉 孝太郎さん)に小笠原の嘱託契約は来月で終わると告げる。

 

小笠原は昔は腕のいい営業マンだった、自分と同期で本当にいい奴だと霧島は語り出す。

 

同期の霧島からは言いづらいため里中から伝えるよう命令する。

 

***

 

マーケティング課では電源も入れられず、マウスも動かせない小笠原に美雪と近 耕作(上地 雄輔さん)がつきっきりでPCの使い方を教えている。

 

それを見ていた春子が「ここは老人のPC教室じゃありません」と一喝。

 

***

 

会社のローカで、小笠原に消しゴムを投げつけていたのを見ていた東海林が春子を呼び止めもっと先輩を敬えと怒る。

 

春子はわざと嫌われるような言い方で東海林をハエ呼ばわりして無視する。

 

そこに深刻な顔をして里中が東海林に話があるといい給湯室へ連れて行く。

 

***

 

里中は小笠原のことを東海林に相談する。

社員のことを家族と思っている東海林にとって小笠原を辞めさせることが許せない。

 

小笠原に手柄を立てさせてやめさせないようにしようと里中へ提案する。

 

***

 

マーケティング課でかにマヨネーズのおにぎりに文句を付ける小笠原。おにぎりは塩むすびが一番だと語りだす。

 

それを聞いた里中はこれだと思い付き塩結びの企画を出そうといいだす。

 

企画が通れば小笠原が辞めなくてすむと考えた里中はリサーチを始めようと皆に協力を仰ぐ。春子には小笠原とリサーチすることをお願いする。

 

他の仕事中だと断るもそれは後回しでお願いしますと言われ、しぶしぶ小笠原と一緒にデパートへリサーチに出かける。

 

***

 

デパートで小笠原は色々な物に目移りし子供のようにはしゃぐうち迷子になってしまう。

 

迷子の呼び出し放送で春子を呼ぶもあきれた春子はリサーチをし続ける。

 

そこに東海林が通りかかり小笠原を何で迎えに行かないんだと怒るも無視。

 

小笠原のことは東海林に押しつけ帰ってしまう。

 

***

 

迷子騒ぎで珍しくお昼を食べ損ねた春子のお腹が「ぐうー」となる。

 

里中にお昼行ってくださいと言われ一目散に席を立つ。

 

ちょうどそこに部長が通りかかり一緒にお昼に行こうと社員食堂へ誘う。

 

***

 

注文するように霧島が促すもここでは部外者は倍の値段を取られるから食べませんと言い張る。部長が払うというが断ってしまう。

 

霧島は小笠原をどう思うか部外者の立場なら情を挟まず客観的に意見が言えるだろうと春子に問う。

 

「私には関係ありませんが派遣の立場から言わせて貰えるのならばはっきり言ってマーケティング課のお荷物です」とキッパリ言う。

 

険しい顔の里中。

 

お腹の空いた春子はそうそうに立ち去る。

 

里中は塩むすびの企画書を霧島に渡すもちゃんと見てももらえず、早めに言ってやった方がいいと諭される。

 

***

 

里中は東海林と歩きながら先程の件を報告したのだろう。東海林が「あいつはハケンの皮をかぶったインベーダーだ」と激怒。

 

***

 

タブラオ「カンタンテ」で春子がお酒を飲んでいると里中と東海林がやってくる。

 

春子が「リストラですか」と尋ねる。里中がはいと答える。

 

お荷物発言と天谷リュート(城田 優)と仲良さげに話す姿も気にいらないのもあいまって東海林が春子に罵声を次々と浴びせる。

 

里中がいい加減にして下さいと怒鳴る。

 

東海林に向かって「何しに来たんだよ、俺は明日こそ小笠原さんに言わないといけないんだよ」。

 

小笠原が家族の顔を思い浮かべると通勤ラッシュも苦ではないと話していたと里中は泣きそうな顔で語る。

 

「そうゆう人のことをお荷物なんてお前に言う資格あんのかよ」東海林も辛そうに言う。

 

だか春子に「派遣は3ヶ月に1度リストラの恐怖にさらされるんです。あの人は会社に甘え過ぎて危機感がなさ過ぎたんです。次はあなた達の番かもしれませんね」。

 

去っていく春子に何も言えないまま2人は立ち尽くしてしまう。

 

***

 

里中は小笠原を会議室に呼び出した。

 

言いづらそうにする里中にまさか契約打ち切りを言い出されると思わないため悩みがあったらいつでも言ってと笑顔で話す。

 

さらに言いづらいなか里中は思い切って小笠原へ嘱託の契約更新ができないことを頭を下げながら告げる。

 

驚いた顔をするも小笠原は笑い飛ばしお昼に行ってくると会議室を出る。

 

***

 

マーケティング部へ黒岩 匡子(板谷 由夏さん)がやってきて小笠原の話をしたため皆に知られてしまう。

 

美雪は春子に小笠原の分も仕事してしまって私のせいなのかと言いながら落ち込む。

 

「思い上がりです。あれだけ仕事をしないで会社にい続けるスキルをあなたたちも学ぶべきです。ほとんどナマコ状態ですから」と言い去って行く。

 

座ってるだけで私たちの倍の給料を貰ってるのだから春子の言うことも一理あると派遣社員たちが口々に言う。

 

***

 

1年に1度の国税局の査察に営業部はあたふたと大騒ぎ。

 

夕方までに昔の取引書類の提出が必要だが

当時手書きだったため、どこにあるがが全く分からない状況。

 

提出しないと粉飾決算の疑いで警察が介入してくるため会社としては大打撃になる。

 

全正社員が慌てふためく姿を見ながらコーヒー片手にほくそ笑む派遣社員たち。

 

***

 

マーケティング課に小笠原が戻ってこない。

 

美雪と浅野 務(勝治 涼さ)が小笠原の人柄に助けられていたことを里中に語る。

 

何とかして欲しい。心から里中に懇願する。

 

契約が切れる前に人事部の決定を覆す手柄を上げる。里中も諦めきれずにいた。

 

春子は冷たく正社員も派遣社員も食うか食われるかだと言い放つ。

 

どうしたも助けたいと言う里中に霧島の指示通り首を宣告するのは自分の身を守ることで精一杯だからだ。

 

「主任何もできないんでしたらそこに座ってなさい。定年までずっと自分の身を守ってなさい。あなたにはそれが似合ってます」

 

珍しく里中に対してきついことを言い行ってしまう。

 

***

 

いつもの食堂(ようじ屋)でぐちぐちしている小笠原のネクタイを引っ張って春子が会社へ連れ帰る。

 

***

 

春子が小笠原のネクタイを掴み引っ張りまわす姿を見た一ツ橋 慎也(安田 顕さん)は慌てた。

 

探し回る一ツ橋と東海林たちがぶつかり

事情を話す。皆、驚き春子たちを一緒に探し始める。

 

春子の声が1室から聞こえ

あわてて入るとそこは資料室。

 

小笠原が国税局に提出する書類の入った段ボールを手に立ち上がり東海林に手渡す。

 

満足げに笑みを浮かべる春子。

 

***

 

見つかった手書きの伝票を皆んなでPCに入力していく、当時業務を行なっていた小笠原がみんなにテキパキと指示を出し提出書類を仕上げる。

 

あとは国税局に渡すため10階へ向かう。

 

伝票について説明が出来ないため小笠原も一緒に行くことに。

 

***

 

里中と小笠原がエレベーターがくるのをまっていた。

 

里中に最後に花道をありがとお礼を言う。

 

「最後じゃないです小笠原さんはこの会社に必要な人です。僕たちにとっても大切な人です」と告げる。

 

***

 

エレベーターに乗り込む2人。

一難さってまた一難。突如エレベーターが止まってしまう。

 

国税局への提出期限まであと10分。

 

制御室にやってきた春子はロープを片手に取り救出口の鍵を貸しなさいと手を出す。

 

作業服でエレベーターに向かう春子とすれ違う東海林。

 

東海林は一ツ橋に電話し春子の資格を尋ねた。なんと昇降機検査の資格を持っていた。

 

エレベーター内で途方に暮れる2人の上からロープをつたって春子が降りてくる。

 

驚くも春子の指示に従い里中と段ボールを外に出すことが出来た。

 

春子が小笠原に「あなたが持ってきいなさい。あれにはあなたの会社人生がいっぱい詰まってるんですよ」とい言い外に出す。

 

時間がないとあわてて2人は国税局のところに行ってしまいロープを下ろすのを忘れる。

 

取り残され虚しい春子。

 

ふと諦めるとロープが下された。ありがとうと言いながら登る春子。

 

顔を出すと東海林だった。

 

動揺して落ちそうになる手を東海林が強く握り引き上げる。

 

東海林は業務外に小笠原まで助けたことを言うと一瞬バツの悪そうな顔をする春子。

 

春子は助けてもらったのに東海林に掴まれた手を見つめ嫌そうにばっちいと言い放つ。

 

いつも通り東海林がありがとうだろう親の顔が見てみたいわと虚しく叫ぶもいつも通り立ち去る春子。

 

***

 

粉飾決算.過剰接待なしで国税局は引き上げたと拍手喝采。

 

小笠原の手柄となりおかげで首が繋がった。

 

***

 

喫煙室で東海林と里中が春子について語り合っている。

 

里中は小笠原を守りたかったのに何もできなかったと落ち込む。

 

自分たちは会社に根を張って生きていて土台は変えられないから仕方ないと里中を励ます。

 

春子のマネをすれば自分たちは弾き飛ばされると外を見つめる。

 

***

 

1人帰ろうとする春子に小笠原がやはり契約更新をしないとにっこり告げる。

 

私には関係ありませんがと言いつつも会社をスパッと去るのは派遣の専売特許、ナマコ社員は社員らしく会社にしがみついてくださいと辞めないよう言う。

 

契約更新のお祝いに飲みに行く皆が小笠原を迎えにくる。

 

「さっさと行かないとまた迷子になりますよ」立ち去って行く春子。

 

思わず泣き出す小笠原。

 

春子の後ろ姿を見つめる東海林と里中のそれぞれの秘めた思いの表情で第5話終了。

 

スポンサーリンク

ハケンの品格1の第5話あらすじ

第5話「お時給インベーダーとナマコ大先輩」

2007年2月7日放送

人事部が小笠原の嘱託契約を打ち切ることを決めた。
小笠原も以前は腕のいい営業マンだったが、もう会社に残すことはできないということになった。

賢介は部長の桐島から、それを本人に伝えるよう命じられる。悩む賢介。
しかし、そのためのリサーチに春子と共にデパートに出向いた小笠原は、おもちゃ売り場のゲームに夢中になり、迷子になる。

桐島に小笠原に対する評価を聞かれた春子は、マーケティング課のお荷物だと答えてしまう。
それを聞いた賢介と東海林は、春子に 「人を思いやる気持ちはないのか」 と猛反撃するが、春子に小笠原のことを 「会社に甘えて、危機感がなさ過ぎた」 と言われ、返す言葉がない。

S&Fに年に一度の国税局の査察が入り、販売二課の過去の小麦の決済に粉飾決算の疑いがあると指摘される。
ところが、無実を証明する99年度分の伝票は手書きで、どこかに仕舞い込まれてしまっていて、所在が誰にもわからない。
時間がないとマーケティング課も応援を頼まれ、地下倉庫に向かう。

そこへ、春子が無理矢理、定食屋から小笠原を強引に連れてくる。
小笠原は当時バリバリの営業マンでその倉庫には何度も足を運んでいた。
そしていとも簡単にその伝票の入った箱を探し出した。
その時、タイムリミットの5時まであと1時間と迫っていた。

(引用:『ハケンの品格1』公式ウェブサイト

 

スポンサーリンク

ハケンの品格1の第5話感想

今回は時代の流れの残酷さを痛感したお話でした。

 

長い間会社のために働いても会社が守ってくれない現実。

 

誰でも歳は取るのに頑張って来たことがなかったかのような扱いを受ける小笠原さんには同情しました。

 

なので里中さんや東海林さんのような方の気持ちに共感。

 

それなのに春子さんの真逆の言い分にも共感してしまいました。

 

やはり春子さんの言葉は冷たいようですが心にズシっとくるんです。

 

歳だからと甘えておいてはいけない。

お給料をもらっているのだから、派遣と違いとても優遇される嘱託とい立場をもっと大事にしなくてはいけないのだと教えてくれました。

 

どちらの真逆の意見も正しく思え複雑な気持ちです。答えはないのかもしれません。

 

そして春子のまたまた凄いスキル昇降機検査そんな資格があるとは知りませんでした。

 

なんだかんだとやっぱり助けてくれる優しい春子さんに東海林さんは惚れ直した様子です。

 

恋愛要素の少なかった今回はこれくらいしか進展がなかったのは寂しかったです。

 

もう少しくらいは欲しかった。

『ハケンの品格』第5話を見た世間の感想は、

 

スポンサーリンク

ハケンの品格1の第5話の無料動画を視聴する方法は?

『ハケンの品格1』は、

  • 「Hulu(フールー)」

で、第1話から最新話までフル動画の視聴が配信予定です!

「Hulu(フールー)」は月額933円(税抜)のVOD配信サービスです。

『日テレ(日本テレビ)系』の国内・外のドラマ、韓国ドラマ、国内外の映画、アニメ、お笑い番組、ノンフィクションなど、

すべての動画が見放題♪

他の動画配信サービスでは、最新作は別料金が発生しますが、「Hulu(フールー)」ではすべて見放題!

超高画質なHD映像で、さらに音もキレイ! 最大6つのデバイスで使えるので、家族みんなで楽しめます♪

初回は2週間完全無料!解約すれば一切料金はかかりません!!

『ハケンの品格1』を『Hulu(フールー)』で無料視聴する方法については、下記の記事をご覧になってください。

▼関連記事▼

>>ハケンの品格の見逃し動画を無料で1話~全話視聴できるサイトまとめ!

 

スポンサーリンク

まとめ

正社員も派遣社員も同じ思いで行動することで正社員も本当に少しだけですが派遣社員を見直しつつあるような感じを思わせます。

 

そして新たなスキル披露によりまたもピンチを救う春子さん。次はどんなスキルが出てくるのか楽しみです。

 

チラリと見せる春子の優しさにより真の春子を受け入れる人が増えてきました。

 

東海林さんと春子さんの恋愛要素ももぅとたくさん見たいので期待しています。

※この記事のトップ画像は、『ハケンの品格』公式サイトから引用させていただきました。

スポンサーリンク

-【ドラマ】ハケンの品格(第1期)
-, , , ,

Copyright© ドラオル! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.