『ドラマのオール(=すべて)』と、出演する芸能人の情報をお届けします。

ドラオル!

【ドラマ】エール(朝ドラ)

エール(朝ドラ)23話ネタバレ・あらすじ・感想まとめ!裕一と音のキスシーンが可愛いすぎる!

投稿日:

(画像引用元:Amazon)

朝ドラ『エール』第23話(第5週)のネタバレ・あらすじ・感想をまとめてみました♪

 

『エール』第23話は、2020年4月29日(水)に放送されました。

 

裕一が突然音に結婚を申し込む!二人の結婚に三郎・光子は猛反対!

 

結婚に反対するあまり親同士の口喧嘩勃発!でも二人は想いを伝え合って…初めてのキス!?

 

それを目撃してしまった光子の反応は!?二人に結婚か音楽どちらかを選べと究極の質問をする三郎。

 

結婚を反対する親達の思いとは!?果たして二人の結婚は認めてもらえるのか!?

 

スポンサーリンク

エール(朝ドラ)23話のネタバレ!【5週目】

前回、主人公・古山裕一とヒロイン・関内音は、お祭りデートで手を繋ぐ急接近を見せました。

 

余韻に浸り音の家に帰るとなんと裕一の父・古山三郎がいました。それに驚く裕一とにやりと笑う三郎の姿で終わりました。

 

今回は、三郎、裕一、音の母・関内光子、音の4人が机を囲むところから始まります。音が三郎に自己紹介をしようとすると、三郎が話し始めます。

 

裕一と文通していたことを知っていたからです。すると音は、「ファンレターの返事が来るとは思ってもいませんでした」と話します。

 

そこから二人の文通の話になります。光子は裕一に尋ねました。なぜたくさんのファンレターの中から音に返事をくれたのか、と。

 

すると裕一はこう答えました。「たくさん人が賞賛や励ましをくれました。でも、音さんだけは僕の音楽に関心を示してくれました」と。

 

そして、返事を書いたのが音だけであることも伝えました。すると、乙女のように「キャッ♡」と声を出して喜ぶ音。

 

それを見た三郎はお茶を吹き出しそうになっていました。

 

**

 

そしてここから急展開を迎えます。裕一は光子に言います。「音さんは素晴らしい女性です。」と。

 

その後口をパクパクさせ、戸惑った様子で黙る裕一。少しの沈黙の後…「音さんをお嫁に下さい!」と言い出します。

 

それを聞いて裕一以外の三人は驚きを隠せません。光子が笑い出し、沈黙を破ります。それに合わせて三郎も笑いだします。

 

突然の事態に二人は戸惑い、冗談であることにして流そうとしたのです。しかし裕一は真剣な顔で「冗談ではありません」と答えました。

 

そして、音に向かって言います。「僕には、僕の音楽にはあなたが必要です」と両手を差し出しながらプロポーズ。

 

すると音はうっとりした顔で自分の手を裕一の手に重ねようとしました。ところが、「ダメダメダメ」と三郎と光子に遮られてしまいました。

 

**

 

裕一の発言を聞いた三郎は光子に「さっきの話と違う」と怒り出します。どうやら三郎と光子は、裕一と音が帰宅する前に話をしていたようです。

 

“別れさせる”方向で目的は一致していました。光子は三郎に、「音には別れるように伝えてあり、音も了承済だ」と言ったようです。

 

その話と今の展開とが真逆だった為に、三郎は怒り出したのです。そしてここから、三郎と光子の口喧嘩が勃発します。

 

三郎に負けじと光子も言います。「突然押しかけてきて泊まっておきながら結婚を申し込むとはどういうことだ」と裕一を責めました。

 

それに対し、素直に謝る裕一。しかし三郎は、謝るなと言います。それを聞いた光子は大事な娘をたぶらかして!とさらに怒ります。

 

そしてまた、それを聞いた三郎がもっと怒り…と、二人の口喧嘩はヒートアップする一方です。そんな親たちの様子を見て、おどおどする裕一と音。

 

光子は事態収拾の為、一度まんじゅうを食べるよう皆に進めました。そしてそれに乗っかるように、裕一と音もまんじゅうを食べ始めます。

 

しかし、三郎だけは様子がおかしいのです。辛そうな顔をし、歯を食いしばっています。

 

そんな三郎を見かねた光子は「廊下の突き当りです」と声をかけます。「何がだ」ととぼける三郎に「お腹痛いんでしょ」と言う光子。

 

「世話にはならねぇ」と意地を張る三郎でしたが、我慢できずトイレを借りるのでした。その後。光子がお茶淹れに席を立ちました。

 

**

 

二人になった裕一と音。音は「どうして急に?本気なの?私でいいの?」と裕一に聞きます。突然のプロポーズで困惑している様子です。

 

裕一は音を自分の傍へ座らせ、向かい合いました。そしてゆっくり、音の目を見て「僕には君しかいない」と言います。

 

そんな裕一に「私にもあなたしかいない」と返す音。嬉しそうにする裕一に、音は続けて話します。

 

「結婚しても歌手は諦めない」と断言します。そんな音の発言に対し、「僕もそれを望んでいる」と裕一は返します。

 

「二人で“エール”を送り合いながら音楽を極めよう」と言うのです。お互いの思いが通じ合った二人。そして裕一は音にもう一度言います。

 

「僕と結婚してください」と。「はい」と嬉しそうに答える音。二人は見つめ合い、裕一から音にキスをしました。

 

**

 

光子がお茶の用意を持って戻ります。すると、部屋の入口で二人のキス現場を目撃。光子は慌てて戻ります。

 

落ち着こうとお茶を一気に飲んだところで、なんと三郎が戻ってきたのです。気を利かせた光子は、転ぶフリをして三郎にお湯を零します。

 

お湯がかかった三郎は熱いと騒ぎ、二人も慌てて部屋から出てきました。

 

**

 

ようやく落ち着きを取り戻した三郎は裕一にどうするのか尋ねます。そして裕一は結婚も留学もする意思を伝え、許しを請います。

 

音も「期待される歌手になって裕一を追いかける」と力強く答えます。そんな音に三郎が現実を突きつけるのです。

 

「大した根性だが、世間は甘くない」と。そして、裕一の養子先である権藤家の話をします。

 

「権藤家は特に頭が固い。歌手を目指すような女を受け入れるわけがない」と言うのです。そんな父の発言に不安になった裕一は「反対なの?」と尋ねます。

 

三郎は男女の偏見を持っておらず、皆人間であることに変わりはないと持論を展開します。しかし、そんな考えは自分だけだと言います。

 

そして二人に質問をします。音には「結婚の代わりに歌手を諦めろと言われたらどうする」と聞きます。

 

そして裕一には「結婚の代わりに音楽家を諦めろと言われたらどうする」と聞きます。二人は突然の究極の質問に困ってしまいます。

 

そんな二人の様子を見て光子が三郎に土下座してお願いします。さっきまで反対していた光子が突然二人をかばい始め、戸惑う三郎。

 

すると光子は理由を話し始めます。ですが、どうしても言いにくいようで「せっ…せっ…」とどもる光子。

 

そんな光子にしびれを切らし、三郎が急かします。そして意を決した光子が言いました。「さっき二人が接吻しているところを見た」と。

 

そして光子は「汽車は走り出した。もう停められない」と言います。そして裕一に思いを伝え始めます。

 

裕一は未来を嘱望されている。しかし光子からすれば、まだひよっ子に過ぎない。でも裕一に音を託すと言います。

 

それがなぜかわかるかと聞かれた裕一は…。「接吻したからですか?」とちょっとおバカな答えを言います。

 

それを聞いた光子は「バカ!違う!」と声を荒げ、続けます。あなたと言う人間を信頼しているからだと言います。

 

頭はダメだと言う、でも心は行けと叫ぶ…。だから私は許す!と言い放ち、席を立つ光子。そんな母の言葉を聞き、音は涙を流しました。

 

そして、音の父・安隆の遺影と十字架を持って戻ってきた光子。裕一と音にお互いを幸せにすることを誓わせます。

 

それは関内家の両親の許しを得た瞬間でした。そして、光子と二人は三郎に古山家の許しを得るようお願いしました。

 

三人に頭を下げられた三郎は戸惑いながらも「俺に任せとけ」と言いました。果たして本当に大丈夫なのでしょうか…。

 

スポンサーリンク

エール(朝ドラ)23話のあらすじ 

裕一(窪田正孝)が音(二階堂ふみ)に会うために、豊橋を訪れているとあたりをつけた父・三郎(唐沢寿明)が、豊橋の関内家にやってくる。裕一を福島に連れ帰って、イギリスへの留学に送り出したい三郎と、裕一の将来を思って娘とは別れさせたい音の母・光子(薬師丸ひろ子)の思惑は一致して、裕一・音をまじえた話し合いがおだやかに始まる。妹の梅(森七菜)や姉の吟(松井玲奈)も固唾をのんで見守るが…。

(引用:NHKプラス) 

 

スポンサーリンク

エール(朝ドラ)23話の感想

前回の終わり方からすると、今回はきっと裕一が連れ戻されてしまうのだと思っていました。しかしその逆でまさかの展開!

 

目が飛び出すほど驚きました。あのタイミングでプロポーズする裕一の勇気と言うかなんというか…(笑)

 

さすが未来を嘱望される男という感じです。ただものじゃありません。でもあの裕一の素直さは本当に羨ましいです。

 

そんな裕一の想いを受け止める音もかっこよかったですね。まさに一視聴者として私が望んでいた展開になり、とても嬉しいです。

 

しかし、そんな二人の結婚を反対する三郎と光子…。よく考えれば当然ですよね。留学に行かせたい三郎と、音が傷つかないよう守りたい光子。

 

親心ってやつですね。視聴者側だからこそそれぞれの思いがよくわかります…。そして真剣に想いを伝える裕一と音の姿にも心が打たれました。

 

あんな風に真剣に想いを伝えられたら…許さざるを得ませんよね。きっと私が光子でもそうしたに違いありません。

 

猛反対の三郎と光子を見て、どうなることかと思いましたが、無事に結婚を認めてもらえてよかったです。

 

あとは古山家の、権藤家の許可ですが…果たして三郎はあんなことを言って大丈夫なのでしょうか?

 

ここまで見てきて思いますが、三郎はきっと頼まれたら断れないのだろうなと思いました。次回、三郎が困ってないといいなと願っています(笑)

 

『エール』23話の世間の感想は、

 

スポンサーリンク

エール(朝ドラ)23話の動画を無料視聴する方法!

『エール(朝ドラ)』は、

  • 『U-NEXT』

で、フル動画の視聴が視聴可能です!

『U-NEXT』は国内最大手のVOD配信サービス。

見放題の動画配信数「140,000本」はダントツで国内ナンバー1!!

過去のNHK朝ドラはもちろん、国内ドラマやアニメ(ディズニー含む)、映画(最新作から過去の名作まで)が充実しています。

70誌以上の雑誌が見放題で、、電子書籍(マンガ)にも使える毎月1200ポイント付与で、新作動画のレンタルも可能。

30,000本以上の成人向けコンテンツも見放題。

高画質(フルHD・1080p)にも対応しているので、映像のキレイさも圧倒的。

ダウンロード保存も可能ですし、最大4人まで視聴可能なので、家族みんなで楽しめます♪

初回31日間は無料お試し期間加入して31日以内に解約すれば、料金は一切かかりません!

『エール』第23話を『U-NEXT(ユーネクスト)』で無料視聴する方法については、下記の記事をご覧になってください。

▼関連記事▼

>>エール(朝ドラ)の見逃し動画を無料で1話~全話視聴できるサイトまとめ!

 

スポンサーリンク

まとめ

今まで文通やデートを重ね着実に愛を育んできた二人。今回突然プロポーズし、猛反対される二人。

 

二人の真摯な想いを伝え、何とか関内家の許可を得た二人でした。あとは裕一側の許可だけです。

 

果たして古山家は、権藤家は許してくれるのでしょうか?演奏会は、留学は、二人の生活はどうなっていくのでしょうか。

 

次話も見逃すわけにはいきませんね!そんな次回は2020年4月30日(木)朝8時から放送です。お楽しみに!

スポンサーリンク

-【ドラマ】エール(朝ドラ)
-, , , , , ,

Copyright© ドラオル! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.