『ドラマのオール(=すべて)』と、出演する芸能人の情報をお届けします。

ドラオル!

【ドラマ】エール(朝ドラ)

エール(朝ドラ)46話ネタバレ・あらすじ・感想!鉄男の上京・音の試練の時!

更新日:

(画像引用元:Amazon)

朝ドラ『エール』第46話(第10週)のネタバレ・あらすじ・感想をまとめてみました♪

東京に鉄男がやってくることを聞く裕一は、コロンブスレコードに彼を紹介して廿日市に手ひどく罵倒されてしまいます。

木枯が帝国レコードに移籍すること聞いて、連絡を取り合うことを約束する二人ですが・・。

さらに音は、双浦環に「あなたに足りないものを全力で磨きなさい」とハッパをかけられて、トレーニングに必死に取り組みます。

そして46話のラストでは、裕一にとって新しい出会い、高梨市太郎との出会いが待っていました。

この記事では、そんな2020年6月1日(月)放送の『エール』10週目、46話についてご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

エール(朝ドラ)46話のネタバレ!【10週目】

裕一は悩んでいました。作曲したレコード「福島行進曲」はまったく売れず・・。

やってきた鉄男は仕事を辞めて、福島の家も売り払い、東京に住むという大胆発言。

新聞社にいろいろと言われたことに嫌気がさし、裕一と仕事を始めることを伝え、コロンブスレコードに紹介してくれ、詩を見てほしいという鉄男。

***
舞台の一同に双浦環が参加すること、ヴィオレット役として正式に紹介される音。

双浦環に音は駆け寄り、がんばることを伝えますが、かなり頑張らないといけないこと、夏目が本当は選ばれていたであろうこと、選考会での音の気迫に動揺し、音の歌に粗削りながらも心を揺さぶる何かがあったということ。

音に足りない技術を死ぬ気で磨きなさいと、環はエールを送りました。

帰ってからも稽古を怠らない音。裕一に、体全体が楽器だから体の管理が大切なことを伝える音。

鉄男のことも気にしている音ですが、福島行進曲の売れ行きを嘆く裕一。

そのころ、鉄男は舞台の飲み屋で一杯ひっかけていました。

***
翌日、コロンブスレコードで裕一は鉄男を廿日市に紹介しようとしますが、愚痴をこぼされてしまいます。

作詞家の仕事をなめてるんじゃないの?とこぼす廿日市ですが、鉄男はかなり激昂します。

そこに木枯がやってきて、鉄男は頭を下げますが・・。

木枯は裕一に話があるそうです。屋台に場所を移し、廿日市が金しか頭にないことをこぼしますが・・・。

なんと木枯が帝国レコードに移籍することを告白します。鉄男は作詞したものを見てもらう約束を取り付けますが・・。

裕一は自分はダメだな、とこぼしますが、木枯からエールを送られます。

帰り道、木枯は自分に友達がいない、鉄男はいいやつだと言いますが、裕一は自分は木枯の友達だと思っているけど・・・という裕一。

***
屋台でも、鉄男は裕一のことを本当にいいやつだ、だけどこの先かなり厳しい、どうやったら成功できるかもわかんねえ、と言います。

愚痴った代わりにおやっさんの話を聞かせてくださいという鉄男ですが・・・。

代わりに、おやっさんから『あること』を相談される鉄男。

***
翌日、音の腹筋トレーニングを見て、スポーツ選手みたいだねという裕一。

声楽のトレーニングで遅くなるという音ですが、裕一も夜、人と会う約束がある伝えます。

椿姫役の久志に女子たちが差し入れを上げていました。音が久志を誘おうとしますが、取り巻きの連中を一撃でほだします。

音は発声練習に真剣にとりくみ、その様子を環は横目で見ていました。

***
裕一は夜の社交場に出かけ、高梨市太郎さんと出会い、この人との出会いが裕一の暗い作曲人生を大きく変えることになります・・・・。

 

スポンサーリンク

エール(朝ドラ)46話のあらすじ 

俳優の窪田正孝(31)が主演を務めるNHK連続テレビ小説「エール」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)は6月1日、第46話が放送される。

音楽学校の記念公演に向け「椿姫」の稽古がスタートした。千鶴子(小南満佑子)との争いの末に主役に選ばれた音(二階堂ふみ)は、双浦環(柴咲コウ)から自分に足りない技術を死ぬ気で磨くように激励される。ある日、古山家に鉄男(中村蒼)が訪れる。裕一(窪田)と一緒に「福島行進曲」を作った鉄男は、作詞家になる夢を叶えるため、思い切って新聞社の仕事を辞めて福島から上京してきたのだ。

朝ドラ通算102作目。男性主演は2014年後期「マッサン」の玉山鉄二(40)以来、約6年ぶりとなる。モデルは全国高等学校野球選手権大会の歌「栄冠は君に輝く」などで知られ、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而(こせき・ゆうじ)氏(1909~1989)と、妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)氏。昭和という激動の時代を舞台に、人々の心に寄り添う曲の数々を生み出した作曲家・古山裕一(窪田)と妻・関内音(二階堂)の夫婦愛を描く。

主題歌は福島県で結成され、「キセキ」「愛唄」などの数々のヒット曲で知られる“覆面”男性4人組ボーカルグループ「GReeeeN」が初担当。「星影のエール」を書き下ろした。語りはアニメ「遊☆戯☆王デュエルモンスターズ」「テニスの王子様」「ゴールデンカムイ」などで知られる声優の津田健次郎(48)。朝ドラのナレーションは初挑戦となる。

連続テレビ小説は月~土曜の週6日放送してきたが、制作に時間のかかる4K撮影や働き方改革のため、「エール」から土曜の放送をなくし、週5日に短縮された。

(引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/19059378f9bf0bdd87b93209ab6b2ce1b501ff83)

また、『エール』46話を無料視聴する方法を、以下の記事にまとめています。

>>エール(朝ドラ)の見逃し動画を無料で1話~全話視聴できるサイトまとめ!

 

スポンサーリンク

エール(朝ドラ)46話の感想

新しい登場人物が出てきましたね!とうとう裕一に希望の光が満ちてくるのではないでしょうか?と新しい展開を期待していいと思います!

鉄男に相談を持ちかけた屋台のおやっさんのことが気になりますね・・・。福島ですから、北北方ラーメンのブームの火つけになるのではないでしょうか?

と期待してみたり・・。

音の声楽の練習を横目で見ていた環の表情が気になりましたね。あなたに足りないものを必死で磨きなさいとは言ったものの、それが簡単には手に入らないものであることは、世界的オペラ歌手の環自身がよくわかっているはず。

音の伸びしろに期待しているのは確かだとは思いますが・・・。

『エール』46話への世間の感想も見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

新しい展開が待っている裕一と、対照的に音は努力の期間に入りましたね。

朝ドラでは、いいことがあると、その次には苦難の道が待ち受けるというのがお約束の展開。

裕一はこれまでの大変だった鳴かず飛ばずの時期から、動くような感じですが、音はヴィオレッタ役を射止めたことで、これから大変な時期に差しかかるのでは、と感じています。

期待とプレッシャーに負けないように、がんばってほしいものですが・・・。

次回は2020年6月2日(火)朝8時から放送です。

お見逃しなく!

 

スポンサーリンク

-【ドラマ】エール(朝ドラ)
-, , , , ,

Copyright© ドラオル! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.